Feb 202009
 

富士通は2009年2月17日、同社のHDD事業を東芝などに譲渡することを発表した。
HDD事業は東芝へ、記憶媒体は昭和電工へ事業譲渡する。それぞれ2009年内に譲渡を完了する予定。
HDD事業は東芝へ、2009年度第1四半期を目標に譲渡。記憶媒体(ガラスやアルミのメディア)は昭和電工へ2009年第二四半期中に譲渡を完了する予定。
富士通のHDDはサーバー向けなどに強いため、東芝のサーバー向けHDD事業が強化されると思われる。東芝は2015年にHDD市場のシェア20%以上を目指すという。
東芝が富士通のHDD事業取得で基本合意 東芝
東芝が富士通のHDD事業取得で基本合意 富士通
ハードディスクの記憶媒体事業の譲渡・譲受に関する基本合意について

関連記事:

    None Found

 Posted by on 2009年2月20日 at 11:16 AM

Sorry, the comment form is closed at this time.