Apr 102009
 

台湾のAcerは2009年4月8日、薄型のAspire Timelineシリーズを発表した。
薄型のスタイリッシュな筐体で、10万円を切る価格に設定された製品群。

大きな特徴は通常20万円程度で販売されている薄型軽量ノートパソコンと液晶サイズは若干大きくなるが、同等のスペックの製品が10万円を切るUS700ドルから900ドル程度に設定されている点で、厚みや重量を除けば、価格機能比はネットブックを超えた魅力となりそうだ。

液晶サイズは3種類の13.3、14.1、15.6型の16:9液晶が用意される。解像度は1366×768。

CPUはCore 2 Duo SU9400もしくはCore 2 Solo のSU3500でCentrino 2に対応。
メモリはDDR3に対応。HDDは2.5型を搭載する模様。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。

ギガビットイーサー、IEEE802.11nなどに加え、WiMAXにも対応する。バッテリ駆動時間は8時間以上。

厚みは24mm、13.3型液晶の重量は1.6kgから。15.6型は2.4kgから。

日本では未発表で、正式な発売日も未定だが、日本の12.1型程度の液晶を採用した同等価格帯の製品は重量1kg前後で、重量だけでは日本製品の方が軽量。
価格が半分以下ということで、ネットブックと従来型製品の間を埋めるConsumer ULVという新しいカテゴリの製品がAspire Timelineとなりそうだ。

同等コンセプトの製品は、年内に多数のベンダーから出てくるだろう。

http://www.acer.com/timeline/

Acer Aspire Timeline Revolutionizes the IT World

Consumer ULVはインテルがCeBIT 2009などで公表した新しい製品分類。AMDのYukonなどに対抗する意味もあるようだ。

関連記事:

    None Found

 Posted by on 2009年4月10日 at 12:40 AM

Sorry, the comment form is closed at this time.