Jun 022009
 

Computex TAIPEI 2009が台湾の台北において2009年6月2日から開催されるが、その前日にNVIDIAがIONプラットフォームやGPGPUに関する発表会を開催した。

NVIDIA ION Platform

IONプラットフォームに関して、特に今回新しく発表された事項はないが、LenovoのIdeaPad S12やTelecast TL-1000N、Weibu N10Aと3つのIONプラットフォーム搭載ノートパソコンが公開された。
小型のデスクトップではAcerのAspire REVOに加えて、各社からマザーボードや超薄型の製品などいくつも展示されていた。

IdeaPad S12に関しては、今回出展されていた物をさわった限りでは非常にしっかりしており、重さはそこそこあるが、ノートパソコンとしては悪くない。
GeForceが使われていることから、フルHDのビデオも問題なく再生できるなど、通常のネットブックなどにないメリットがいくつもあり、価格次第では結構人気機種になりそうだ。

この分野にはCULVなど、競合となるものも盛り上がりそうであり、NVIDIAがこの分野を伸ばすには、GPUパワーのメリットをユーザーにどうアピールするなかなど、課題はたくさんありそうだ。


http://www.youtube.com/watch?v=02gMfaI6VnM

[flickrset id="72157619014370945" thumbnail="square" overlay="true" size="medium"]

NVIDIA

関連記事:

    None Found

  One Response to “NVIDIA ION Platform – Computex 2009”

  1. [...] NVIDIA ION Platform – Computex 2009 – NotebookPC.jp [...]

Sorry, the comment form is closed at this time.