Jun 032009
 

NECは2009年6月2日、ネットブックのLaVie Lightの新モデルを発表した。
従来モデルとはデザインも大幅に変わり、ネットブックの中でも高性能を求める方にも満足できる構成に変わった。

NECのネットブックは継続販売される従来モデルで価格重視層へ(5万円程度)
。普通に使える普通のネットブックは新モデルのBL300(6万円程度)やOffice付きのBL310(7万円程度)。
ネットブックでもハイエンドを求める方には新モデルの上位モデルBL350(7万円程度)という3層に訴える商品構成になる。

上位モデルは、HDDとSSDのデュアルドライブ、Bluetoothなども搭載し、全部入りのネットブック。
SSDは16GBで、Windows 7なども十分インストール可能な容量になっている。

HDDは160GBで、容量自体は十分とは言えないが、バッテリパックを取り外すと簡単に交換できる構成になっており、この辺もマニアに訴えるポイントかもしれない。

従来の価格の高いノートパソコンが現在のラインナップにないが、面耐圧150kgfに耐えるなど、従来の小型ノートパソコンの仕様をそのまま引き継ぎネットブックに注力しているNECは潔いと言えるかもしれない。


http://www.youtube.com/watch?v=Unwaw1jSKmk

LaVie Light製品情報
ネットブック市場向け小型PC「LaVie Light」のラインアップを一新 高速データ転送が可能なSSDと大容量HDDの両方を搭載したモデル等を商品化

関連記事:

    None Found

 Posted by on 2009年6月3日 at 8:14 AM

  One Response to “NEC新デザインのネットブックLaVie Light”

  1. [...] NEC新デザインのネットブックLaVie Light? – NotebookPC.jp [...]

Sorry, the comment form is closed at this time.