Jan 282010
 

2010 Acer Japan Kick off meeting

日本エイサーは2010年1月27日、報道関係者などを対象に2010 Acer Japan Kick Off Meetingを開催した。
その中で、2009年にノートパソコンでのシェア2位を2010年に1位、2011年に日本の市場シェア5位、2012年にはパソコンで世界シェア1位になる目標を発表した。

2010 Acer Japan Kick off meeting

Acerは2009年にDELLを抜き1位のHPに次いでノートパソコンの世界市場シェア2位になった。日本市場シェアを2011年に9%程度にし、5位になる目標。そのためには、2008年から本格的に投入したネットブック(10.1型以下)、2009年に投入したULV(ライトノート 11.0から13型)に加え、2010年にはメインストリームの15.6型製品で攻勢をかける。

2010 Acer Japan Kick off meeting

現在、国内大手メーカーのメインストリーム製品は10万円中盤の価格設定となっているが、これを同程度の性能で10万円弱の製品を投入する。
これは、世界的に見ると安くはない設定で、国内大手でも海外市場にはこのAcer製品と同程度の価格設定の製品が存在している。

Acerは高価格帯の製品が多い日本市場で、バリュー感の高い製品で2010年のシェアを高める。
そのためには、価格や性能に加えて、サポートなどにも注力していくという。


http://www.youtube.com/watch?v=f4xOS6W7jxU

http://www.youtube.com/watch?v=1uC4WfcdoT0

http://www.youtube.com/watch?v=xiV8j4HIfq4

その他の写真

Acer

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.