Apr 232010
 

AppleがiPhone/iPad用アプリの開発に関して、SDKの規約を改正したことで、AdobeのFlash CS5の新機能として搭載される、iPhone用アプリを出力できるPackager for iPhoneの動向が注目されていた。

そんな中、2010年4月20日、Flashの主任プロダクトマネージャー マイク・チェンバース氏が自身のブログで、今後の開発を止めると表明。

On Adobe, Flash CS5 and iPhone Applications

2010年4月22日に東京で行われた、Adobe本社の経営陣による事業戦略説明会においても、この件が語られた。

Adobe CEOのShantanu Narayenを初めとして、FlashやCreative Suiteの幹部などがこの件を語った。

この事業戦略説明会において、iPhoneやHTML 5などに関連する部分だけを動画として掲載した。

http://www.youtube.com/watch?v=GHRFKm37DO4

AdobeはOpen Screen Projectを進めているが、Apple関連のMacを除く製品ではこれが通用しなくなる。
iPhoneやiPad、Flashの今後はどうなるのか興味深い。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.