Dec 162010
 

日本ではUQ WiMAXのカバーエリアも都市部を中心に拡大し、都会で使うだけならほぼ問題なくなりつつあるが、もう一つのWiMAX普及国アメリカでも同じような状況だ。
例えば、アメリカの東海岸で日本人が行きそうな都市はほとんどWiMAXのエリアとなっている。
西海岸は遅れていたが、2010年末からロスアンゼルスでも使えるようになり、2011年初頭にはサンフランシスコでも使えるようになるようだ。

そのサービスが始まったばかりのロスアンゼルスでのエリアは、サンタモニカがイマイチなど、まだまだ抜けているところが多い物のかなり使える状態でスタートするようだ。

ロスアンゼルスのWiMAXエリア

詳しいエリアは http://www.clear.com/coverage

こうなると、現地でもWiMAXを使いたくなるが、UQ WiMAXのローミング(もしくはCLEARと直接契約)はWiMAX機能内蔵のPCで使用できる物の、それ以外のモバイルWiMAXルーターなどとなると問題も多い。
日本のUQ WiMAX用モバイルWiMAXルーターやUSBタイプのアダプタはCLEARでは使用することが出来ない。これは技術的な理由による物で、ユーザーとしてはどうにも出来ない。
もしも現地でモバイルWiMAXルーターなどを使おうとすれば、CLEARから購入し契約する必要がある。

契約する場合、例えばApple機器で使えるiSpotというモバイルWiMAXルーターの利用料は月額25ドルになる。Clear Spot 4Gの場合は月額45ドル。これらの機器は購入する場合99ドル。
一見すると1ヶ月以内の使用なら、合計150ドル以内で使い放題になると思いきや、契約に35ドルかかるので、合計180ドル程度かかることになる。
年に数回の訪米でその都度契約と解約を繰り返すと面倒だし、コストも気になる。
また、購入時には現地での住所も必要なので、外国在住で購入するのはかなり面倒だと言える。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.