Jul 062011
 

2010年10月に第2世代のMacBook Airが登場し、人気を博したが、CPUなどのパフォーマンスが低いなど一部の機能に不満だった方も多かっただろう。
そんな、MacBook Airもそろそろ刷新されるようだ、噂レベルでは4月頃に6月登場などと言われていたが、最新の情報ではLion登場に合わせるように新ハードも登場するようだ。

基本機能としては、CPUにはインテルの第2世代Core iプロセッサーファミリーを採用で、Thunderboltも搭載という線だが、これに加えて、SSDには新しい規格が使われるとのこと。

新「MacBook Air」、6月に登場か–「Thunderbolt」「Sandy Bridge」搭載の可能性
Report: MacBook Air slated for updated storage tech
新型MacBook Airに、19nmプロセス製造による「Toggle DDR2.0」規格NANDフラッシュメモリを採用?

これらの情報が正しいかどうかはわからないが、小型で薄型という特に日本で人気の分野の製品でThinkPad X1やVAIO Zに比べ、どのくらい機能や使い勝手が向上するのか楽しみなところだ。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.