Nov 042012
 

iPad miniが2012年11月2日に発売された。
それなりに行列ができて購入した人も多かったようだが、販売された実物を見ても筐体自体は魅力的だが、解像度だけが残念だ。

事前のレビューアーや実際に購入した人の中からは、「問題ない」とか「結構大丈夫」みたいな意見も聞かれるが、はっきり言って、他のRetina対応デバイスになれていればいるほど残念な解像度だ。
なにしろ、iPhone 3GSなどと同じ163ppiなのだから解像度が低く感じるのは当たり前のことだ。

それでも問題ないと言っている人の目は節穴か何かか、相当なアップル信者か、私の目の方がおかしいかのどれかだろう。

物自体の質感は非常に良く、4:3のアスペクト比も各種コンテンツを利用するには悪くなくAndroidタブレットにはそのあたりでは優位ではあるが、解像度だけはダメだ。

これが技術的に解消されるには、CPUや発熱、バッテリ駆動時間などのバランスが重要で、それまでは1年ほどかかるだろう。そうなると、フルサイズのiPadとの関係がどうなるかという問題もある。
このあたりをどうするか、アップルの動向が気になるが、解像度や文字や画像表示の品質を重視する方にとって、現時点でのiPad miniは微妙と言わざるを得ない。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.