Nov 202012
 

Appleは2012年11月にMacBook AirとMacBook Pro Update 2.0を公開した。
いくつかの修正があるようだが、今回注目なのはUSB 3.0にようやくまともに対応したという点。

従来、USB 3.0ハードディスクなどを直接使う場合は問題ないが、USB 3.0ハブを通して使用すると、スリープ時に勝手に切断されたり、使用中に切断されるような不都合が頻発していた。
これはほとんどのUSB 3.0ハブで発生する問題だったようで、筆者も2つのハブで同じ症状を確認している。

筆者の試した範囲ではサンワサプライのUSB-HGW410WN(PantherPoint)とUSB 3.0ハードディスクを接続した際の問題が解消されたようだ。
しかし、スリープに入るときに、スリープに入ってからUSB 3.0ハブのLEDが消えるまでが異様に遅い。

まだまだ、解消すべき問題はあるようだが、とりあえずまともに使えるようになった。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.