May 252013
 

ソニーは2013年5月22日、経営方針説明会を開催し、エレクトロニクス事業の強化、 エンタテインメント・金融事業の収益力の一層の強化、継続的な財務体質の強化などについて説明した。

エレクトロニクス事業では、コア事業である、モバイル、イメージング、ゲームの変革を加速し、テレビ事業を黒字化、新興国での成長戦略を加速、新規事業の強化などを行う。

スマートフォンとタブレット、PCなどのモバイル事業の具体策では、スマートフォンとタブレットで売上高1兆5,000億円、営業利益率4%の達成を目標とするが、PC市場では収益改善を主とする。

一方、PCについては、この1年間の市場・事業環境の変化を踏まえ、売上拡大で事業の成長をけん引するのではなく、まずは収益改善を重視するカテゴリーと位置付け、2013年度の黒字化をめざします。

とのことで、売れ筋製品で数を稼ぐのではなく、利益率の高い製品などを提供していくようだ。

ソニー株式会社 2013年度経営方針説明会

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.