Jun 112013
 

Appleは2013年6月11日、サンフランシスコで開催している開発者会議のWWDC 13において、MacBook Airのアップデート版を発表した。
インテルの第4世代Core iプロセッサーを採用し、バッテリー駆動時間を大幅に向上させ、Flashの速度も向上、無線LANはIEEE802.11acに対応させるなど、性能を向上させた製品。
筐体のデザインは従来と同様。

バッテリ駆動時間は11インチ版が5時間から9時間へ、13インチ版が7時間から12時間へと大幅に増加している。

価格は
11インチ版はSSDの違いで128GBが$999、256GB版が$1,199になる。
13インチ版は128GB版が$1,099、256GBは1,299になる。

11インチ版は標準モデルのSSDがそれぞれ倍増され、価格は据え置きか若干高価に。
13インチ版はSSDの容量はそのままで、$100安くなった。

液晶画面のRetina化は見送られたようだ。

MacBook Air

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.