Feb 222014
 

マイクロソフトがWindowsのライセンス料を70%下げて、$15にするとBloombergが2014年2月22日報じた。
$250以下で販売される、Windows搭載のタブレットやパソコンのライセンス料が従来の$50から$15になる。

本来、マイクロソフトがパソコンメーカーなどにライセンスしているWindowsの価格は公開されていない。
従来$100程度だった物が、ネットブックの登場で低価格製品は$50になるなどの噂は流れていたが、この金額はパソコンメーカー各社との契約内容によって異なる。しかし、おおよそこの程度の価格だったようだ。

現在、GoogleのChromebookやAndroidのタブレット、iOSなどの低価格製品に対抗するには、パソコンメーカーからOSの値下げ圧力が強まっていた。

Microsoft Said to Cut Windows Price 70% to Counter Rivals

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.