Jun 162014
 

S50_26M

東芝は2014年6月16日、Windowsタブレットの2014年夏モデルを発表した。
10.1型液晶のdynabook Tab S50と8型液晶のdynabook Tab S38の2モデルで、S38は4万円程度の低価格モデルも販売される。
ストレージ容量の違いなどで2モデル5タイプ。

Windows 8.1 with Bingを搭載する。
Office Home and Business 2013もどちらのモデルにも搭載している。

dynabook Tab S50
10.1型WXGA (1280×800)液晶搭載
Atom Z3735F 1.33GHz
メモリ 2GB
64GBもしくは32GBのストレージ
重量 555g
サイズ 258.8×175×9.0mm
カメラ 前面・背面
Bluetooth、GPS、HDMI出力、microUSB 2.0、microSD
Bluetoothキーボード付き、ストレージ容量別に合計3タイプ提供。
価格はキーボード付き64GBモデルが7万円ほど、64GBモデルが6.5万円ほど、32GBモデルが5万円前半。

dynabook Tab S38
8型WXGA (1280×800)液晶搭載
Atom Z3735F 1.33GHz
メモリ 2GB
64GBもしくは32GBのストレージ
重量 385g
サイズ 210.7×132×9.5mm
カメラ 前面・背面
Bluetooth、GPS、microUSB 2.0、microSD
ストレージ容量別に合計2タイプ提供。
価格は64GBモデルが5万円程、32GBモデルが4万円ほど。

dynabook.com

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.