Jan 252010
 

UQコミュニケーションズは2010年1月25日、WiMAX/WiMAX小電力レピータの包括免許を取得したことを発表した。
WiMAXの電波が届かない屋内や地下などが利用できるレピーター。設置条件などは現在検討中。

家庭用の一体型、鉄道用、地下などで利用できる分離型などが用意されている。

また、基地局の設置数が5,000局になったことも発表された。当初、2009年度末までに4,000局だった物を2009年11月に6,000局に上方修正している。
本日現在の基地局免許取得数は6,559局となっている。

WiMAX/WiMAX小電力レピータの包括免許取得について
WiMAX基地局開局数5000局達成のお知らせ

 Posted by on 2010年1月25日 at 8:52 PM  Tagged with:
Dec 182009
 

WiMAX - UQ Step

UQコミュニケーションズは2009年12月17日、UQ WiMAXの新料金プランUQ Stepを発表した。
月380円(税込)から契約可能の低料金プランとなる。

UQコミュニケーションズは、基本的にWiMAXインフラを提供する会社であり、デバイスや各種サービスはMVNO初め各メーカーに一存している。
その中で、MVNOが特に必要としていたのが、この低料金プランとなる。
このプランの上限は4,980円(税込)だが、他社のサービスと同様に14MB程度でこの上限に達する。
ブロードバンドサービスであるため、14MBに達成するのは一瞬だ。
一般的なWebサイトを10ページもみればこのくらいには達成するかもしれない。

ということで、1ヶ月丸々使わないなら380円だが、少しでも使うならすぐに上限に達する。これは例えば、月に数日使うときもあれば、数ヶ月使わないかもしれないというようなユーザーが選ぶと得するかもしれない料金プラン。
月に数日使うのがわかっているなら、UQ 1Dayの1日500円プランの方がお得。

WiMAX - UQ Step

この発表会では、基地局の設置状況などにも触れたが、実際に使ってみると確かに都内などの電波状況はかなり良くなっている。
このまま基地局建設や、屋内対策などが進めば1年後にはかなり使えるサービスになるだろう。

2010年1月にはWiMAX内蔵パソコンも20機種を越えるとのことで、今後が楽しみだ。


http://www.youtube.com/watch?v=TaJ9C7plhGg

その他の写真

WiMAX/WiMAX小電力レピータの包括免許申請について
WiMAXの新料金プラン「UQ Step -2段階定額プラン-」提供開始

Jul 022008
 

バッファローは2008年6月25日、アイ・オー・データは7月2日、それぞれ次世代Centrino 2対応のSODIMM DDR3メモリを発表した。
PC3-8500(DDR3-1066)対応のメモリモジュールで、1GBと2GB品。7月中旬より出荷予定。
両社とも価格は同じ、1GB品は受注生産品で1GBは19,000円、2GBは37,200円。(いずれも税抜)
IO DATA製品情報
Buffalo製品情報
DDR3メモリは今のところ価格も高く、どれだけ採用機があるか不明だが、周辺機器として発表されることで、安心してCentrino 2対応機を選べる環境が整いつつある。

 Posted by on 2008年7月2日 at 4:14 PM
Apr 022008
 

インテルは2008年4月2日から開催された中国の上海で行われているIDFにおいて、Centrino 2など次世代ノートパソコン戦略などを発表した。
AtomがMIDやUMPCなどで使われるが、通常サイズのノートパソコンなどは次世代モバイル・プラットフォーム、インテルCentrino 2プロセッサー・テクノロジー(開発コード名Montevina)が採用される。
Centrino 2は2008年6月から提供開始され、Wi-Fiに加えて、WiMAXのワイヤレス接続機能がオプションで提供されるなど、無線機能も拡張される。
また、プロセッサーやチップセットのサイズが約40%削減され、ミニノートなどのサイズ削減もやりやすくなるなど様々な改良が加えられる模様。
また、2009年投入予定のMontevinaに続くCalpellaも公開した。これはノートパソコンでNehalemを採用したものになるようだ。
インテル Centrino Atom プロセッサー・テクノロジーで、新しいモバイル・インターネット体験をポケットサイズに

 Posted by on 2008年4月2日 at 11:31 PM
Apr 012008
 

NECエレクトロニクスは2008年3月31日、ワイヤレスUSBのホストコントローラーLSI「μPD720171」を発表した。
LaVie JのワイヤレスUSB機能として採用されたものの最新版。
「μPD720171」はUSBインプリメンターズ・フォーラムが定めたCertified Wireless USB認証を取得しており、対応機器の製品の認証手続きが簡素化できる。
サンプル価格は1,000円。
パソコンと周辺機器のワイヤレス接続を実現するホスト・コントローラLSIの発売について

 Posted by on 2008年4月1日 at 11:23 PM