Feb 142013
 

Appleは2013年2月13日、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルのマイナーチェンジを発表した。
エントリーモデルを低価格化し、より高速なプロセッサーを選べるようになった。

13.3インチモデル 2.5GHzデュアルコア 138,800円。
Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MB共有三次キャッシュ8GBメモリ、128GB SSD。
オプション:2.9GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、4MB共有三次キャッシュ、256GB SSDまたは512GB SSDまたは786GB SSDに変更可能。

13.3インチモデル 2.6GHzデュアルコア 158,800円。
Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)、3MB共有三次キャッシュ、8GBメモリ、256GB SSD。
オプション:3.0GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)、4MB共有三次キャッシュ、512GB SSDまたは786GB SSDに変更可能。

2.6GHzから3.0GHzは18,600円($200)、256GB SSDから512GB SSDは26,400円($300)、256GB SSDから768GB SSDは61,600円($700)。
13.3インチモデルの最大構成は239,000円。

15.4インチモデル 2.4GHzクアッドコア 198,800円。
Intel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.4GHz)、6MB共有三次キャッシュ、8GBメモリ、256GB SSD。
オプション:2.7GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)、6MB共有三次キャッシュ、または2.8GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)、8MB共有三次キャッシュに変更可能、16GBメモリ、512GB SSDまたは786GB SSDに変更可能。

15.4インチモデル 2.7GHzクアッドコア 254,800円。
Intel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)、6MB共有三次キャッシュ。16GB メモリ、512GB SSDで。
オプション:2.8GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)、8MB共有三次キャッシュ、756GB SSDに変更可能。

15.4インチモデルのカスタマイズオプションは
8GBメモリから16GBメモリは17,600円($200)。
2.4GHzから2.7GHzは10,000円($100)。
2.7GHzから2.8GHzは22,800円($250)。512GB SSDから768GB SSDは35,200円($400)。
最大構成時 312,799円。

Apple MacBook Pro

Oct 242012
 

Appleは2012年10月23日、13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを発表した。
従来モデルと比較し、400g軽量化し重量は1.62kg、厚みは約5mm薄くなり19mm。ディスプレイの解像度は2,560 x 1,600となる。光学ドライブは搭載されない。
価格は144,800円から。

先行して販売されている15インチモデルの小型版となり、重量で約400g、幅で約40mm、奥行きで約30mm小型化している。
液晶解像度は15インチが1,440 x 900の2倍となる2,880 x 1,800に対して、1,280 x 800の2倍の2,560 x 1,600。

GPUはインテルのHD4000のみで、NVIDIAやAMDのGPUは搭載されない。
最大メモリは8GB、SSD容量は最大768GB。
バッテリ容量は15インチモデルと比べ95Whから74Whへ小さくなっているが、スペック上の動作時間は7時間と同じ。

ポート類なども15インチモデルと同じとなっている。

カスタマイズオプションなど(価格は税込み)
CPU
2.5GHzデュアルコアIntel Core i5
2.9GHzデュアルコアIntel Core i7 +17,000円

ストレージ
256GB SSD
512GB SSD +44,000円
768GB SSD +90,400円

CPU 2.9GHz、768GB SSDという最大の構成時の価格は276,199円。

Apple MacBook Pro

Apr 262012
 

WWDC 2012

Appleは日本時間2012年4月25日の午後9時頃WWDC 2012の開催を発表したが、2時間ほどでチケットが売り切れたようだ。

2010年は8日、2011年は10時間ほど、2012年は2時間以内となった。

セッション自体はすべて無料で公開されるが、$1599のチケットが2時間ほどで売りきれるというのもすごい世界だ。

https://developer.apple.com/wwdc/

Apr 252012
 

Appleは2012年4月25日、World Wide Developer Conference(WWDC)を6月11日から6月15日に、サンフランシスコのMoscone Westにおいて開催することを発表した。
iOSとOS X Mountain Lionに関する100以上のテクニカルセッションと、1,000人以上のアップルエンジニアによるコードレベルのサポートやアドバイスなどが提供される。

チケットは$1599だが、今回参加できなくてもセッションは後日無料で公開される。

http://developer.apple.com/wwdc

Feb 162012
 

Appleは2012年2月16日、Mac用OSのメジャーアップデートOS X Mountain Lion(オーエス・エックス・マウンテン・ライオン)の情報を公開(Sneek Peek)した。
OS Xの9回目のメジャーアップデートとなるMountain Lion(日本名ピューマやクーガなどのネコ科の動物から)のバージョン番号は10.8になると予想される。
Mac Developer Programメンバーには同日から公開、2012年夏の終わりにMac App StoreからMountaion Lionにアップデートできる。

大まかなアップデート点として、iOSの通知機能やGame Center、各種メッセージ機能を取り込み、スマートフォンなどのよい機能をPCに融合させたようなOSと認識するとよい。
また、セキュリティ関連ではGatekeeperという機能が追加され、ソフトウェアのインストールを監視するなどする。
iOSで画面をApple TV経由でテレビに表示するAirPlay Mirroringにも対応する。
中国語圏に関する機能強化も目立つ点で、文字の入力から各種Webサービスなどへの対応も強化され巨大化する市場に力を入れている点も注目だ。

また、OSとして基本的な部分のAPIなどシステムレベルでの機能強化、セキュリティ強化もなされている。

一足先に一般ユーザーが試せる機能として、iChatの後継となるMessagesがある。
ベータ版だが、iOSのiMessageやAIM、Jabber、Yahoo!メッセンジャー、Google トークもサポートする新しいインスタントメッセージングソフトとなる。

OS X Mountain Lion