May 022012
 
DELL Inspiron 15R

DELL Inspiron 15R

DELLは2012年5月2日、Inspiron 15R Special Editionを発表した。
XPS 15の後継機で、第3世代Coreプロセッサーなどを搭載する。84,980円から

主な仕様
インテル Core i7-3612QM (2.10 GHz)
Windows 7 Home Premium 64ビット
8GB (4GBx2) DDR3 2 DIMM 1600MHz メモリ
チップセット HM77
AMD Radeon HD 7730M 2GB
15.6インチ TFT TrueLife Full HD 液晶ディスプレイ(1920×1080)
Waves MaxxAudio 4.0サウンドスイート + Skullcandyスピーカ(2 W×2)
最大1000GB HDD (5400回転)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ、ブルーレイディスク
100 万画素 Webカメラ
インテル Centrino Wireless-N 2230 + BT 4.0
USB 3.0×3 + USB 3.0 PowerShare×1、RJ45 Ethernet(10/100/1000)、HDMI v1.4a、VGA、ヘッドフォンジャック、マイク入力ジャック、Kensingtonセキュリティロックスロット
8-in-1メディアカードリーダー
寸法 378 x 252 x 29.4-33.4mm 重量 2.9 kg
6セル 48 WHr リチウムイオンバッテリー (最大6時間06分)
90W AC アダプター

DELL Inspiron 15R Special Edition
DELL

May 252011
 


従来のXPSをより薄型化したのがXPS zシリーズで、2011年5月に発表されたXPS 15zがその第一弾となる。
MacBook Proより薄さでは若干負けているが、同等の薄さ。スペック上はMacBook Proはクアッドコアまで対応するので、その点では負けているがコストパフォーマンスは非常に高い。


XPSと統一感のあるデザインで薄く設計されている。
通常のXPSシリーズのキーボードは日本語か英語か選択可能だが、15zに関しては日本語キーボードしか選べず、今後も日本語キーボードのみの提供となる。


各種インターフェースは左側にあり、裏面には有線LAN、電源ポートがある。ヘッドホンジャックなどは右側。


裏面もシンプルになっており、バッテリも取り外せないが、いくつかのねじを外すことで分解自体は容易にできそうだ。

DELL

May 242011
 

DELLは薄型ノートパソコンXPS 15zの2011年5月24日午後2時(日本時間)グローバルローンチに合わせ、都内で発表会を開催した。
従来のXPSシリーズに比べ、よりスタイリッシュな製品でユーザーの「あなたらしさ」を貴泡立たせる上質なデザイン。薄さ、性能、使いやすさを兼ねそなえた製品であることを個人向けブランド戦略もふまえて解説した。


最も厚い部分で24.68mmで、スロットローディング式の光学ドライブを搭載。
バックライトキーボード、液晶解像度は1366×768か1920×1080の2つから選択できる。NVIDIA Optimusに対応するGeForce GT525M(1GBか2GB)。
固定式の8セルバッテリーを採用し、Mobile Mark 2007ベンチマークテストで8時間駆動。
Webカメラ、Bluetooth 3.0、USB 3.0×2、HDMI ミニディスプレイポートなどのインターフェースを備える。
価格は10万円前後。

質疑応答の中で、XPS zシリーズとしてより軽量な製品も検討していることも公表した。

[flickr-gallery mode="photoset" photoset="http://www.flickr.com/photos/kamikura/sets/72157626669562685/"]

DELL

May 142011
 

DELLは2011年5月13日、18.4型ワイド液晶を搭載したゲーミングノートPC ALIENWARE M18x。
229,800円からで、13日から受注開始。

18.4型 1920×1080
Core i7-2920XM エクストリームエディション
AMD Radeon HD 6970M 2GB GDDR5 – AMD CrossFireX
メモリ最大32GB
HDDもしくはSSDを2台Raid 0構成で搭載可能

5月14日現在、最高構成にした場合、657,000円となった。
メモリとHDDをそこそこの構成にした場合377,700円。
さらに、CPUをそこそこに押さえれば30万円弱になる。

ALIENWARE M18x製品情報


デュアルグラフィックスに対応したフラッグシップモデル「ALIENWARE™ M18x」を発売

DELL

Jan 092010
 

DELLは2010年1月8日、Core iプロセッサを搭載したAlienware M15xとStuio 15を発表した。
CPUなどがかわっただけで、筐体デザインには変更はない。

Alienware M15xはCore i7モデルに追加して、Core i5モデルが追加になった。実売価格約15万円からになる普及価格帯CPUも選択できる。
Stuio 15もCore i5を搭載。最小構成価格99,980円からとなる。

http://dell.co.jp/

 Posted by on 2010年1月9日 at 4:05 AM