May 012011
 

富士通は2011年4月21日、企業向けLIFEBOOKシリーズにおいて、ピークシフトへの対応やACアダプタの消費電力を限りなくゼロにする、ゼロワットACアダプタを投入することを発表した。

ピークシフトは、LenovoのThinkPadや東芝の企業向けdynabookなどでも導入していたが、ゼロワットACアダプタは他社にない機能となる。

ノートパソコンは一般的に、内蔵バッテリの容量を常に100%に維持しようとする。
これは、電源ONの時も電源OFFの時も同じだ。
今回の富士通の製品では、ECO Sleep機能という機能を使い、バッテリ容量は設定容量(通常100%)から10%低減しない限り充電しないようになった。
つまり、バッテリ残量が90%になるまで充電することが無くなる。それに加えて、ゼロワットACアダプタによって、この電源OFFで充電もしていないような状態時にACアダプタの消費電力を低減できる。

通常、このバッテリ容量を100%に維持する機能のために、0.2W程度の電力を消費しているが、ゼロワットACアダプタは0.0015Wとなりほぼゼロの消費電力となる。

大企業などで、ノートパソコンを1000台使用し、深夜などに電源OFFでも電源に繋いでいる間は0.2W×1000で200W消費している事になる。
つまり、大きめの冷蔵庫にちかい電力を何もしていないのに消費しているということになる。この新製品を使用することで、これが1.5Wとなり消費電力がほぼゼロになる。

富士通パソコンの省電力機能
企業向けPC「LIFEBOOK」「ESPRIMO」およびPCワークステーション「CELSIUS」のラインナップを一新

Jan 182010
 

Fujitsu FMV-BIBLO LOOX U

富士通は2010年1月18日、大幅にモデルチェンジしたFMV-BIBLO LOOX Uを発表した。
従来モデルとはデザインなどが全く異なり、約500gでジャケットのポケットにも楽に入る形状となった。

Fujitsu FMV-BIBLO LOOX U


http://www.youtube.com/watch?v=C2vJJBZ2PKU

5.6型液晶WXGA(1280×800)、CPUはAtom Z、メモリ2GB(最大)、30GB SSD、IEEE802.11n、WiMAX、Bluetooth
204×106.5×23.8mm(Lバッテリでは厚み31.6mm)、重量495g(Lバッテリ搭載時 612g)

バッテリ駆動時間は4.0時間、Lバッテリ搭載時は7.8時間。(JEITA測定方法)
実質の使用時間は最大でも3時間、6時間といったところか。Lバッテリ2本で丸一日の使用に耐えうるようになりそうだ。

FMV-BIBLO LOOX U製品情報

Fujitsu FMV-BIBLO LOOX U
A BATHING APE Model

FMV-BIBLO LOOX U画像ギャラリー

Jul 082009
 

富士通は2009年7月1日、同社の直販サイトWEB MARTにおいて、12.1型ワイド液晶でWiMAXモジュールを内蔵するFMV-BIBLO LOOX R WiMAXモデルを発売することを発表した。

FMV-BIBLO LOOX R/D70N、8月上旬出荷で18.8万円程度から。

WiMAXモジュールとアンテナを内蔵、無線LANと切り替えて使用可能。

主な仕様
Windows Vista Home Premium
Core 2 Duo プロセッサー SU9600 (1.60GHz)
メモリ 2GB(1GB×2) もしくは4GB(2GB×2)
12.1型ワイド 1280×800
160GBか320GBのHDD、もしくは128GBのSSD

FMV-BIBLO LOOX R製品情報
WEB MART WiMAXモデル製品情報

個人向けパソコン「LOOX R モバイルWiMAX内蔵モデル」を販売開始

 Posted by on 2009年7月8日 at 10:45 AM  Tagged with:
Jul 072009
 

富士通は2009年6月17日、ネットブックのFMV-BIBLO LOOX Mを一新した。
基本スペックを強化し、カラーを2色から4色へ増やした。

ホワイトとレッド系に加えて、ブラック、パープル系(ライトラベンダー)の2色を増やし4色とした。
CPUが、Atom N270(1.6GHz)から、N280(1.66GHz)へ強化。液晶解像度は1024×576から1024×600へ強化した。
Microsoft Office Personal 2007 2年間ライセンス版搭載モデルも提供される。

FMV-BIBLO LOOX M製品情報
FMV-BIBLO製品情報

ネットブック「FMV-BIBLO LOOX Mシリーズ」を一新

 Posted by on 2009年7月7日 at 11:13 PM
May 072009
 

富士通、ウィルコムなどは2009年5月7日、ノートPCの紛失・盗難対策ソリューションを発表した。
ウィルコムのモジュールを内蔵し、盗難などにあった際に、遠隔操作によりHDDを無効化する物。

ウィルコムの専用モジュールをノートパソコンに内蔵し、専用BIOSなどを搭載したモデルの発売を2009年秋頃予定している。

富士通 リモート消去の通信モジュール

対応製品には、暗号化HDDが搭載され、管理者が遠隔地から消去などの命令を出すと、電源オフの状態でも強制的にHDD内の暗号鍵を消去することが出来る。
暗号鍵を消去することで、データのアクセスやOSの起動も不可能にする。
暗号鍵の消去が終わると、ノートパソコン本体とHDDのID、最終ログイン時刻の情報が管理者に送られる。

HDDの暗号鍵消去だけではなく、PCのロックも遠隔地から行えるため、PC自体使用不可能になる。

通信モジュールは、このセキュリティ対策のためにしか使用できず、Windowsからモジュールを認識することは出来ない。
ウィルコムの電波が届かない場合は、使えないようにすることも出来る。

また、電源をつながず、バッテリーを取り外すとこの機能は意味をなさないが、何らかの形で使用する際、電源を入れるため、このタイミングで暗号鍵を消去することも出来る。
HDDをフォーマットするわけではないので、ディスクに磁気データは記録されるが、暗号化を解除するのは事実上不可能。

通信モジュールを取り外した場合、PCは使用できない。BIOSの書き換えも不可能に設計されている。

富士通

 Posted by on 2009年5月7日 at 5:01 PM