May 092007
 

日立 PriusNote
日立は2007年5月9日、PriusNote type Kシリーズを発表した。
型番は変わっているが、Vista Home Basicが無くなるなど小さな変更のみ。
従来のデジタルチューナー付属で、最上位モデルのPN39K5TはHDDが160GBだったが、今回の最上位モデルのPN36K5UのHDDは120GBとなっている。
他にデジタルチューナーが付属しないPN35K5U、PN33K5Uも用意されている。
PriusNote 製品情報
最新のデジタルエンターテインメント機能が楽しめるOSWindows Vista Home Premiumを全モデルに搭載したコンシューマ向けPC「Prius」Uシリーズ 5モデルを発売 プレスリリース

 Posted by on 2007年5月9日 at 2:05 PM
Jan 172007
 

Prius Note type K
日立は2007年1月15日、Prius Note type KのWindows Vista対応新モデルを発表した。
昨年秋のモデルからスペックアップした。1月30日発売、オープン価格。
Core 2 Duo対応やメモリ、HDDが強化されている。
Prius Note type K製品情報
最新OS Windows Vista™を全モデルに搭載したコンシューマ向けPC「Prius」Tシリーズ10モデルを発売

 Posted by on 2007年1月17日 at 9:22 AM
Sep 062006
 

Prius Note type K
日立製作所は2006年9月6日、地上デジタルにも対応するPrius Note type K を発表した。
15.4型ワイド液晶採用のA4ノートで、価格は17万円前後から。9月16日から順次発売。
機能の違いで3モデルあり、デジタル放送非対応のPN33K1SはCeleron M 420対応メモリ512MBで17万円前後。
同じくCeleron M 420搭載で地デジ対応のPN37K1Sは21万円程度。9月23日発売。
Core 2 Duo T5500の地デジ対応のPN39K1Sはメモリ1GBで26万円程度。10月26日発売。
地上デジタルは同社のLSI BroadGearなどを搭載した外付けユニットで実現しており、ノートパソコン本体とはUSBで接続する。
HDDに記録された映像を見る場合、USB接続で外付けユニットと接続する必要があるが、これは地デジの著作権保護が影響している。
ノートパソコン本体で地デジ映像を見る場合はSD画質で表示され、DVDと同程度の画質となる。
HDD容量は120GBで、C(20GB)とD(100GB)ドライブに分けられ、100GBでそこそこの表示品質で記録する場合40時間程度録画可能。
Prius Note type K 製品情報
地上デジタルチューナーユニットを同梱した薄型・軽量ノートPCなど、コンシューマ向けPC「Prius」Sシリーズ8モデルを発売

 Posted by on 2006年9月6日 at 3:37 PM
Jun 052006
 

日立は2006年6月5日、セキュリティPC FLORA Se210 の新モデルを発表した。
168,000円から、6月16日出荷開始。
Celeron 800MHz になり基本機能が向上された。
通常のノートパソコンではなくHDDが搭載されておらずシステム一式で購入する必要がある。
FLORA Se210 製品情報
世界で初めてインテル®Core™Soloプロセッサーをブレード型PCに搭載したクライアントブレード「FLORA bd」新モデルとセキュリティPC「FLORA Se210」強化モデルをラインアップに追加

 Posted by on 2006年6月5日 at 8:37 PM