May 082014
 

パナソニックは2014年5月8日、Let’snoteの2014年夏モデルを発表した。
各モデルのアップデートと、Let’snote MX3の光学ドライブのバリエーション追加などが主なポイント。

店頭向けには、
光学ドライブ搭載12.1型液晶のLe’tsnote SX3、2-in-1で12.5型液晶のLet’snote MX3、14型液晶のLet’snote LX3を展開。
MX3ではBlu-rayモデル、ドライブレスモデルを追加。

法人向けには、
光学ドライブ搭載12.1型液晶のLe’tsnote SX3、2-in-1で12.5型液晶のLet’snote MX3、14型液晶のLet’snote LX3に加えて、光学ドライブ非搭載のLet’snote NX3を展開。

オンラインストアのパナソニックストアではパナソニックストアモデルとして、
MX3シリーズにBlu-rayドライブ搭載モデルや、SSD 512GBモデル、LTE搭載モデル、ジェットブラックモデルなどを展開。

機能面ではCPUをCore i5-4310U vPro (2.00 GHz)にするなど、基本機能を強化。OSはWindows 8.1 Updateを搭載する。

モバイルノートパソコン Let’snote 法人向け夏モデルを発売
モバイルノートパソコン Let’snote 店頭向け夏モデル
モバイルノートパソコン Let’snote パナソニック ストア夏モデルを発売

Aug 242011
 

パナソニックは2011年8月24日、Let’s noteの2011年秋冬モデルを発表した。
プロセッサーなどの基本性能向上と、S10シリーズへの128GB SSDモデル追加が大きな変更点。

主な基本性能向上点
「B10/S10/N10」シリーズ Core i5-2540M vPro (2.60GHz)
「J10」 Core i3-2330M (2.20GHz)
「J10」標準メモリー4GB (最大 8GB)
「B10」 USB3.0ポート搭載

S10シリーズのフラッシュメモリドライブ 128GB SSD搭載モデルは台数限定で10月14日発売予定。

法人モデルは国際ローミング対応のワイヤレスWAN搭載モデルCF-S10CU7DSも用意される。
マイレッツ倶楽部のプレミアムモデルも9月22日より順次用意される。

プレミアムモデルの特徴
発表日現在未発表の最新のインテルCoreプロセッサー搭載モデルを9月30日に予定。オンボード8GBメモリーで、空きスロット1、最大16GBメモリとなる。
S10/N10専用カスタマイズ新色天板「アライメントグリッド」(限定200枚)を追加。
プロセッサー性能がさらに向上、S10/N10ハイパフォーマンスモデルにインテルCore i7-2620M搭載。
B10ハイパフォーマンスモデルにはCore i5-2540M、J10ハイパフォーマンスモデルはCore i5-2520Mを搭載。

http://www.mylets.jp/
http://panasonic.jp/pc/

 Posted by on 2011年8月24日 at 10:01 PM
Jul 132011
 

パナソニックは2011年7月12日、タブレット型のヘルスケア・フィールドモデルのTOUGHBOOK H2を発表した。
このシリーズは片手で持って操作しやすいようなキーボードのないピュアタブレットタイプとして設計されたモデルの最新モデルとなる。
CPUなど基本性能が大幅に強化された。10月7日より順次発売。

CPU Core i5-2557M vPro プロセッサー1.70GHz
HDD 170GB
メモリ 2GB
10.1型 XGA 半透過型液晶 液晶輝度:約 6,000cd/m2相当
使用温度 -10度 ~ 50度
バッテリパックを2個搭載するが、2つを3時間で同時充電し 使用時間 7.5時間(JEITA)
ワイヤレスLAN、Bluetoothに加えてFOMAモジュール搭載モデルもある
重量1.58kgから

ヘルスケアモデル
TOUGHBOOK H2 フィールドモデル

May 182011
 

パナソニックは2011年5月18日、Let’snote用ピークシフトユーティリティを5月27日より提供開始する。
ノートパソコン用のピークシフトユーティリティとは、電力のピーク時にはバッテリだけで使用したり、充電をピーク時以外の時間に自動切り替えするユーティリティ。

対象機種は2011年夏モデル(CF-S10/N10/B10/J10/C1)、2011年春モデル(CF-S10/N10/B10/F10)、2010年冬モデル(CF-S9 /N9 /J9 /F9)、2010年夏モデル(CF-S9 /N9 /J9 /C1 /F9)、2010年春モデル(CF-S9/N9/J9/F9、法人モデルのT9/W9/Y9)。

提供されるユーティリティは、1日最大12時間までの2つのピークシフト時間帯を設定可能、確保したいバッテリー残量を25%から75%の範囲で設定可能となっている。

ソフトウェア・ダウンロードURL: http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/002762

パナソニック Let’snote