May 022014
 

ソニーと日本産業パートナーズ(JIP)は、PC事業をVAIO株式会社として7月1日から事業開始する予定である事を2014年5月2日発表した。

2月に発表されたソニーと、日本産業パートナーズのPC事業譲渡について正式契約が集結した事による発表。

事業開始日 2014年7月1日を目処
VAIO株式会社 (英語名: VAIO Corporation)
長野県安曇野市豊科5432
資本金10億円 (出資比率JIP 95%、ソニー5%)
代表取締役社長 関取高行
従業員数 約240名

PC事業の譲渡に関する正式契約の締結について

May 022014
 

sony fi 20134q

ソニーは2014年5月1日、2013年度(2013年4月から2014年3月まで)の業績見通しを下方修正した。
従来1,100億円の連結赤字だったが、200億円増え1,300億円となる。

これは、PC事業の撤退を2月に発表した後、販売が想定を下回り、構造改革費用を前倒しで計上したことなどで300億円増えた事などによる。

2013年度の決算は2014年5月14日に発表される。

ソニーによるリリース

Feb 222014
 

マイクロソフトがWindowsのライセンス料を70%下げて、$15にするとBloombergが2014年2月22日報じた。
$250以下で販売される、Windows搭載のタブレットやパソコンのライセンス料が従来の$50から$15になる。

本来、マイクロソフトがパソコンメーカーなどにライセンスしているWindowsの価格は公開されていない。
従来$100程度だった物が、ネットブックの登場で低価格製品は$50になるなどの噂は流れていたが、この金額はパソコンメーカー各社との契約内容によって異なる。しかし、おおよそこの程度の価格だったようだ。

現在、GoogleのChromebookやAndroidのタブレット、iOSなどの低価格製品に対抗するには、パソコンメーカーからOSの値下げ圧力が強まっていた。

Microsoft Said to Cut Windows Price 70% to Counter Rivals

Feb 072014
 

Satya nadella

マイクロソフトは2014年2月4日、同社の新CEOにサティア・ナデラ (Satya Nadella)氏を任命したことを発表した。
会長だったビル・ゲイツ (Bill Gates)氏は創業者 テクノロジアドバイザー という新役職に就任し、従来よりもマイクロソフトに携わることになる。
会長には上級社外取締役であったジョン トンプソン (John Thompson)氏が就任する。

2013年8月23日に、スティーブ・バルマー (Steve Ballmer)氏が新CEOが任命された時点で退任することを公表してから、約6ヶ月間に渡って社内外から新CEOを探したが、最終的には社内から誕生した形になる。
サティア・ナデラ氏は1992年にマイクロソフトに入社し、サーバーやサービス部門など歴任した。

マイクロソフトは、サービス部門などの経験豊富な新CEOの元で、デバイス&サービスカンパニーへと変革することになる。

マイクロソフト取締役会、サティア ナデラを CEO に任命
新CEOについて

Feb 062014
 

ソニーは2014年2月6日、VAIOブランドで展開するPC事業を、日本産業パートナーズ株式会社へ譲渡する意向確認書を締結したことを発表した。
正式契約は2014年3月末までに締結する。

現時点で想定している内容(プレスリリースより)

新会社は、独立した事業会社としてVAIOブランドを付するPC事業の企画、設計、開発から製造、販売などに至る事業全体を運営する。
設立当初は、商品構成を見直した上で日本を中心にコンスーマーおよび法人向けPCを適切な販路を通じて販売することに注力する等、適切な事業規模による運営で早期の収益安定化を目指す。
新会社は、現在ソニーのPC事業の拠点である長野テクノロジーサイト(長野県安曇野市)をオペレーションの拠点として、ソニーと国内関連会社でPCの企画、設計、開発、製造、販売などに従事している社員を中心に250~300名程度で操業を開始する。
新会社はJIPの出資および経営支援のもと設立・運営されるが、立ち上げと円滑な事業移行をサポートするため、設立当初はソニーから5%の出資を行う。
本件取引の対価については、正式契約にて確定される譲渡資産に応じて今後協議する。

PC事業の譲渡に関する意向確認書の締結について

ソニー
日本産業パートナーズ