Jul 252007
 

今、PCのケーブルで邪魔なのが電源とUSB。USBはUWBを使ったワイヤレスUSBが近いうちに普通に帰る値段で登場するが、電源は当分無理。そんななか、WUSBロゴのプログラムも始まったようだ。
ワイヤレスUSB機器に安心の”お墨つき”を – PC機器にWUSBロゴの供与を開始
ワイヤレスUSB対応のノートなどが9月にも登場
いくつかの日本では販売されていない製品でWUSBロゴがつくようだが、本格的に普及するようになるのは本体に内蔵されてからだろう。
それまでに、周辺機器としてハブやアダプタなどが登場するが、関係者の話をいくつか聞いたところ、時期としては年末から来年にかけて。
本体に搭載されるのが日本で登場するのは速ければ来年早々にも。
当初、価格も少々高いくらいになるかもしれないが、1から2年程度でこなれて、互換性その他も問題なくなるだろう。2009年くらいには本格的な普及機にはいると思う。
2008年に買う製品としてはWUSB対応かどうかという点も注視されるようになるだろう。

 Posted by on 2007年7月25日 at 11:41 PM
Jul 242007
 

DELL XPS m1330のBTOガイド。薄型ながら軽量と言うことで人気の同製品をBTO購入するときの動画による操作ガイド。

Flash Videoです。


価格は7月23日現在。(音や画質は現在実験中ですが、とりあえず公開)
注意点としてはギガビットイーサーネット非対応。インテル ターボ・メモリーは8月からBTO可能という点でしょうか?
ポイントはパッケージディスカウントと、どのパッケージを選ぶかという点ですね。
他にはバッテリは業界最安レベルという点と、Bluetoothマウスは本体注文時に買ってしまうのがいいかもという事かな。
DELL

 Posted by on 2007年7月24日 at 6:40 AM

サポートって何?

 2007年  Comments Off
Jun 012007
 

バッファローの内蔵型DVD-RAM/±R/±RWドライブを買って、読込が超高速だったことに喜んだのは良かったが、読み込んだデータがまともではなく、使い物にならなかったことにビックリした。さらにサポートの質の低さにもビックリ。
高速に読込が出来るドライブと言うことで、日立製のドライブを使ったバッファローのこれがいいと店員が言っていたので、買ってみた。店員が言うには書込は良くないと言うことだが、書込自体にはほとんど興味ないのでどうでも良い。
買って接続したところ、4GB程度あるDVD-RWは4分程度で読み込め超高速。DVD-Rはなぜか10分ほどだが、まあ遅くない。
こりゃいいということで、VRモードのDVD-RWを読み込みまくって、ビデオ編集ソフトで開こうとすると、このドライブで読み込んだデータが全部エラーで開けない。
同じディスクを他のドライブで読み込むと問題ないので、このドライブを使った事による影響の事は間違いない。
状況まとめ
ドライブ
バッファロー DVSM-H55N/B (日立LG製GSA-H55N使用)
PC Windows XPの自作機
SONY製HDDレコーダー
日立マクセルの DVD-RWディスク VRモードで使用
SONY製HDDレコーダーで録画したDVD-RWディスクをPCで丸ごとコピーするが、DVSM-H55N/Bでコピーすると、ビデオデータが正常ではない。
ソニー製HDDレコーダーで録画したDVD-RW VRモードのディスクはDVD_RTAVドライブ下にVR_MANGR.INFO,VR_MANGR.BUP,VR_MOVIE.VROという3つのファイルがつくられるが、VR_MOVIE.VRO以外のファイルは正常にコピー可能。
VR_MOVIE.VROをバイナリエディタで見ると、DV-SM-H55N/Bでコピーしたファイルはサイズ自体問題ないが、中のデータが空の状態。
BUFFALO DVSM-H55N/B
左がBUFFALOのドライブで読んだデータ。左がその他のドライブで。
DVD-Rのデータなどは問題なくコピー可能。
書込その他は未評価。
ここで、バッファローのサポートに電話。
050のIP電話に電話すると、初め5回ほどはかかるがすぐに切れる状態。
なんとかつながったが、9分程待たされ、2分程で状況を説明、4分程待たされ、DVD-RWをファイナライズしろとか素人回答。
さらに2分ほど状況を説明、5分程待たされ、自作機はサポート対象外だから知ったこった無いとの回答。
次に、買った店に連絡。(03-の番号)
状況を説明すると、そのような情報は入っていなくよくわからないとのこと。
次に、一応メディアメーカーに連絡 (03-の番号)
DVD-RW自体を送ってもらえば、データが正常に書き込まれているかどうかは調べるとのこと。
次に日立LGに連絡 (0120-の番号)
GSA-H55N自体日本で販売しておらず、情報がないとのこと。一般論としてそんなことがあるのかと聞くと、普通は無いとのことだが、よくわからないらしい。
ということで、バッファローの製品は、バッファロー自身が確認した一部のメーカー製製品以外で起きた不都合は、知ったこっちゃ無いという対応を取る会社と言うことがよくわかった。
買った店は店員の知識はそこそこなものの、こんな面倒な質問はメーカー任せ。
メディアメーカーの調べる姿勢だけでも評価できる。
日立LGは日本で出ていないとはいえ、サポートの手元に情報が無いというのはどうなんだろう。
今回の教訓
最新の枯れてもない製品を選ぶのは止めよう。
特に光学ドライブ系は最高速とかではなく、安定してファームウェアなども何度か更新した物を選んだ方が無難。
メーカーに連絡するときは、メーカーで検証済みハードで使っていると言うことにして連絡しよう。
万が一、どうしようもない物を選んでしまったら
何も知らない人に売りつける。
捨てる。

 Posted by on 2007年6月1日 at 5:08 PM
Apr 112007
 

インテルは2007年4月11日にインテル クライアント・レギュラー・アップデートを開催した。
その中で、今後発表されるSanta Rosaのインテル・ターボ・メモリーや11n対応モジュールの実機が紹介された。
インテル・ターボ・メモリー
インテル・ターボ・メモリー
Kedorn 11n
IEEE802.11n対応モジュール
また、NFRMの実証実験も継続中だが、アプリケーションソフトがWindows Vistaに対応したことも合わせて発表された。
nfrm
NFRM実験サイト
NFRMについて

 Posted by on 2007年4月11日 at 9:15 PM
Mar 312007
 

ヨドバシカメラ秋葉原で2007年3月31日にイー・モバイル開業イベントが行われた。
このイベントでは挨拶に続き、テープカット、先頭に並んでいる人へのセレモニー的商品提供というありきたりの物だった。
これ自体、通信会社の開業記念イベントなのだから、商品を渡すという典型的な物ではなく、データ通信のデモを交えたイベントにするなど、全くくふうがなかったのが残念。
それはともかく、イベント後に行われた千本会長へのぶらさがりが面白かったので紹介する。
記者会見など正式な物が行われた後に、もっと話を聞こうと記者が主要パーソンに近づき話を聞く「ぶら下がり」はよく行われる。
今回もイベント後にぶら下がりが行われたが、通常とは異なり、千本会長のぶっちゃけ話全開であった。
おそらくこの人の個性であると思うが、通常ぶら下がりに限らず、質問に答えることがあっても、一人で長々と話すと言うことはない。
しかし、千本会長の場合、聞かれてもないことを延々と持論を展開し興味深い物だった。
詳しくは別途書きたいが。
誰もが納得できるのがスマートフォンが将来普及するという点。
逆に納得できないのが、ワンセグが普及するという点。通信会社なのだから、放送コンテンツよりもデータ通信でのコンテンツ供給の将来くらい語った方が良かったのでは無かろうか。
他に、
イー・モバイルが使っている1.7GHz帯が、FOMAやAUなどはまともに入らないという高層ビルの上部でも問題なく入るという点。
前日までに17000の予約があったという点。
人口普及率はまだまだでも山手線内などはFOMAに匹敵する電波状態。
シャープの液晶が最も明るく綺麗だという点。
Windows Mobileの改良に関する苦労話。
マイクロセルは、毎日のように大量に故障し、修理だけでも大変だという点。
地下鉄の駅などで使えないのは、業界の嫌がらせによる物など。
通信業界の人はPC業界より面白い人が多いようだ。

 Posted by on 2007年3月31日 at 11:32 PM