May 242011
 
Laptop PC Power

ノートパソコンは起動せずに、ACアダプタを電源に接続しているだけで電力を消費する。最も電力を消費するのは、パソコンをフルパワー状態で動作させながら、バッテリを充電している状態だ。

機種によって異なるが、最大で50W消費するノートパソコンを想定して、各種状態による消費電力をグラフ化したのが以下となる。

Laptop PC Power

ノートパソコン消費電力イメージ

ノートパソコンはバッテリを内蔵しており、そのバッテリを常に一定に保つようにACアダプタから電力が消費される。これは0.2W程度だ。
起動して、何も使用していない状態が最小の消費電力だが、さらに液晶の明るさを押さえるような省エネモード時が最も消費電力を押さえながら起動している状態。
その状態で、動画編集などの高負荷な状態にすると、消費電力が増えるが、使用電力は押さえられているので、それほど電力を消費しない。

省エネモードなどを使わず、ある程度性能に余裕のあるモードにすると、何もしていないときでも省エネモードよりも若干消費電力が大きくなる。このときに最も影響があるのが、バックライトの明るさ。
この省エネモードを使わない状態で動画編集などの高負荷にすると、パソコン自体が最も電力を消費する。
さらに、バッテリがかなり減っている状態で充電しちえると、充電のための電力も消費する。

これは、一般的なパソコンの例として示した物で、機種や設定などによって、この使用電力は変わってくる。一般的にはこんな感じになると覚えておく助けになれば幸いだ。

Apr 092011
 

東芝のノートパソコンの一部(ビジネス向けPCやR730シリーズなど)にはピークシフト機能が搭載されている。搭載かどうかは機種によるので、カタログなどを参照のこと。
機能は搭載されてはいるが、HDDから自分でインストールする必要がある。

インストールはWindowsメニューにあるアプリケーションの再インストールを選ぶ。

アプリケーションの再インストール

アプリケーションの再インストール

こここで、ユーティリティを選び、TOSHIBA Peekshift Controlを選ぶ。

TOSHIBA Peekshift Control

TOSHIBA Peeksift Control を選ぶ

その後、インストールを続けていく。

東芝ピークシフトコントロール

東芝ピークシフトコントロール

TOSHIBA Peeksift Control Install

TOSHIBA Peeksift Control インストール画面

東芝ピークシフトコントロール セットアップ

東芝ピークシフトコントロール セットアップ

インストールが終わると、セットアップ画面が表示される。

東芝ピークシフトコントロール 管理画面

東芝ピークシフトコントロール セットアップ

この画面でピークシフト設定を制御可能となる。

東芝 dynabook