Apr 242013
 

東芝はdynabook KIRA V832を2013年4月18日に発表したが、3月に発表したV632もdynabook KIRA V632に変更している。
これはV632やV832がdynabook KIRAシリーズとなったということだ。
日本ではdynabookブランドで展開している東芝のパソコンだが、海外ではdynabookは使われず、SatteliteやPortegeなどが使われている。海外ではV632やV832はKIRAbookシリーズとして展開しているが、これと同じ名称が日本でも使われる。

Apr 182013
 

東芝は2013年4月18日、2560×1440の液晶パネルを搭載したUltrabook dynabook KIRA V832を発表した。
13.3型でタッチパネル対応のWQHD液晶(2560×1440)を搭載した製品で、3月に発表されたV632の上位モデルという位置づけ。
価格は店頭向けモデルで18万円程度。発売日は4月24日。

Ultrabookで一般的な1366×768の約4倍の解像度、フルHDよりも高精細な液晶パネルを搭載。

基本的な仕様はV632と同等だが、厚みは9.5mmから19.8mm、重量は1.35kg、バッテリー駆動時間は9.5時間。
V632は厚み7.6mmから17.9mm、重量1.21kg、バッテリー駆動時間は13時間なので、厚み、重量、バッテリー駆動時間がタッチパネルや高精細液晶で若干犠牲になっている。

店頭販売モデルに加えて、Webモデルも用意され、こちらは17万円程度。

https://www.youtube.com/watch?v=b9F3lfsnXyY

http://www.youtube.com/watch?v=nBN9kXHag2Y
dynabook KIRA V832