Apr 132012
 

シャープは2012年4月13日、酸化物半導体(IGZO)を採用した液晶パネルを同社亀山第2工場で4月から本格生産を開始したことを発表した。
従来のアモルファスシリコンを採用した液晶に比べ、明るく、電力効率も高く、高精細に出来るという特徴を持つIGZO液晶は同社の最先端液晶技術だからこそ可能となった物。

今回サンプルとして公開された仕様は次の3つ。
液晶モニター向け 32型、3,840×2,160、140ppi
高精細ノートPC向け 10型、2,560×1,600、300ppi
タブレット向け 7型、800×1,280、217ppi
今後のコンピューターからタブレットやスマートフォンまで対応できるサイズと解像度となるようだ。

世界初※1酸化物半導体を採用した液晶パネルの生産を開始