Jun 172014
 

tw710_s2s
NECパーソナルコンピュータは2014年6月17日、WindowsタブレットのLaVie Tab TW710/Sを発表した。
TW710/Mの後継モデルで、基本スペックなどを強化したモデル。税抜きで8万円程度から。

液晶サイズは10.1型だが、解像度が1366×768から1920×1200に強化。アスペクト比は16:9から16:10になった。

CPUはAtom Z2760からAtom Z3795へなり、2コアから4コアへ。
メモリは2GBから4GBへと基本機能が強化されている。
ストレージは64GB。

ノートパソコンのように使えるケースとしても利用できるデタッチャブルキーボードも用意され、キーストロークは1.8mm。
従来同様デジタイザーペンに対応し、キーボード部分に収納可能で太く持ちやすくなった。

重量は598gで従来と同等だが、厚みは9.8mmから8.95mmに薄型化。

micro HDMI出力、microSDXCスロットに加えて標準サイズのUSB 2.0コネクタを装備。

OSはWindows 8.1 32bit版。
Microsoft Office Home and Business 2013やNECの各種ソフトが添付される。

海外ですでに発売されているThinkPad 10のNECモデルとなる。

May 082014
 

NECは2014年5月8日、AndroidタブレットのLifeTouch Lにペン対応モデルと、LTEモデルを追加した。
ペン対応モデルは5月21日発売で61,300円。LTEモデルは6月上旬発売で81,300円。

LifeTouch Lは10.1型ディスプレイ採用のAndroidタブレット。
今回発表したどちらのモデルも、アクティブスタイラスペン対応で、LTEに対応かどうかの違い。

大和証券は今回発表したLifeTouch Lペン対応モデルを営業担当者向けに4,000台導入する。

NEC LifeTouch
NEC、10.1型タブレットのペン対応モデル、LTEモデルを発売

Aug 012013
 

nec0101-01

NECは2013年8月1日、Atomプロセッサーを搭載した10.1型タブレットを発表した。
VersaPro タイプVT VK18V/TG-G 128,000円(税別) 9月下旬~10月上旬発売。

インテル Atom Z2760 プロセッサー(1.80GHz)、メモリ2GB、ストレージ64GBを搭載、
液晶は10.1 型ワイドカラー広視野角液晶(1366×768)

静電容量式タッチパネルとデジタイザーペンに対応。

Bluetooth接続のタイプVT専用キーボードも用意される。

http://jpn.nec.com/press/201308/20130801_01.html

Jul 312013
 

NECは2013年7月31日、NECカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社の携帯電話事業の見直しを発表した。
7月31日付でスマートフォンの新規開発を中止し、現在販売中の機種で生産と販売を終了する。

従来型携帯電話機の開発は継続し、製造拠点の埼玉日本電気株式会社での生産は継続し、社会ソリューション事業で活用する。
タブレット事業は継続する。

NECは携帯電話事業をレノボへの売却などの方向で協議していたようだが、この交渉がまとまらず今回の発表となった。
経営資源は社会ソリューション事業に集中し、従業員は継続事業に従事する物を除き社会ソリューション事業へ再配置する。

NECカシオモバイルコミュニケーションズ社
売上高 約1,400億円(2012年度実績)
出荷台数 約290万台(2012年度実績)
従業員数 約890名(2013年4月現在、単独)
出資比率 NEC70.74%、カシオ計算機20.00%、日立製作所9.26%

携帯電話端末事業の見直しについて

Jun 192013
 

レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータは2013年6月18日、両社の社長が退任し、6月28日付でLenovo NEC Holdings B.V. 会長のロードリック・ラピン氏が両社の社長に就任することを発表した。

現レノボ社長の渡辺朱美氏は退任、NEC PC社長の高塚栄氏は退任するが、NECパーソナルコンピュータの相談役(エグゼクティブアドバイザー)に着任する。

Lenovo NEC Holdings B.V.社長 ロードリック・ラピンのコメント
「今回の人事により、日本市場における戦略をグループ全体で包括的に立案し、迅速な意思決定と効率的なマネジメントが可能となります。こうした 経営のスピードアップにより、PC市場でのリーダの地位を強化し、さらに タブレットを含めた『PC+(プラス)』市場においてもNECレノボ・ジャパングループのシェア拡大を図ってゆきます」

NEC執行役員 兼Lenovo NEC Holdings B.V.取締役 國尾 武光のコメント
「NECとレノボ・グループの戦略的提携の一環として生まれたNECレノボ・ジャパングループは、これまで期待通りの成果を出し続けて来ました。今回の新人事により、さらに両社の統合が進み、グループの成長が加速されることを期待します」