May 212014
 

マイクロソフトは現地時間の2014年5月20日にニューヨークでSurfaceイベントを開催した。

ナデラCEOが登壇。
同社の「モバイルファースト、クラウドファースト」戦略について。
この戦略に合わせたハードウェアをSurfaceとして提供している。

96%の人がiPadとノートパソコンを持ち運んでいる。
この問題を解決するのが新しいSurface Pro 3。

MacBook Airよりも軽く、キーボードカバーを付けても軽い。
Core iを搭載で、冷却ファンを搭載。パフォーマンスも高い。

今回、発表した製品

Surface Pro 3
12インチ液晶 解像度 2160 × 1440 3:2
厚み 9.1mm
重量は 800 g、1.7 pounds

キックスタンドは150度まで動くようになった。

新しいキーボードカバーも用意される。

価格は799ドルからでCPUはCore i3、i5、i7がある。
受注開始は明日から。

Web CastのURL

May 072014
 

microsoft_surface_mini

マイクロソフトが米国の報道各社に発表会の案内を送付したことで、Surfaceの新型が登場するのではと話題になっている。

ニューヨークで2014年5月20日に行われる案内の中にはSurfaceのロゴと「Join us for small gathering.」と書かれていることから、8インチ程度の小型ディスプレイを搭載するSurfaceと予想されている。

日本時間では21日の早朝になる。

Sep 242013
 

日本マイクロソフトは2013年9月24日、Surfaceシリーズの価格改定を発表した。
3,000円から10,000円の値下げで、9月25日から適用になる。

アメリカで最新のSurfaceが発表されたため旧モデルとなる製品が値下げとなる。

個人向け
Surface Pro 128GB 99,800円から89,800円
Surface Pro 256GB 119,800円から109,800円
Surface RT 32GB 39,800円から34,800円
Surface RT 64GB 47,800円から44,800円

法人向け
Surface Pro 256GB (Office無し) 99,800円から89,800円
Surface RT 32GB 39,800円から34,800円
Surface RT 64GB 47,800円から44,800円

マイクロソフト製タブレットSurface RT/ Surface Pro およびアクセサリの価格を改定

Sep 242013
 

Microsoftは2013年9月23日、ニューヨークでイベントを開催し、Surface 2とSurface Pro 2を発表した。
9月24日から予約が開始され、10月22日に発売することを発表した。

10月22日に発売するのは、アメリカ、イギリス、オーストラリア、香港やヨーロッパなど、11月に中国で発売する。
日本での発売は今回発表されていないが、今月中に発表される模様。

今回の発表で、昨年発表されたSurface RTは下位モデルとして継続販売。
Surface RTの次期モデルとしてSurface 2が登場、Surface Proの次期モデルとしてSurface Pro 2が位置することになる。

今後発売されるのは
Surface RT $348
Surface 2 $449
Surface Pro 2 $899

Surface 2はNVIDIAのTegra 4を搭載。液晶はフルHDに。
Surface Pro 2は第4世代Core i5を搭載、バッテリー駆動時間を60%向上、8GBメモリ、512GB SSDなどに対応する。

アクセサリ類も強化されている。

Microsoft unveils Surface 2, Surface Pro 2 and new accessories