Dec 112009
 

オンキヨーは2009年12月11日、従来モデルとは差別化する「パーソナルモバイル」カテゴリのノートパソコン3モデルを発表した。
ポケットサイズのBX、多機能モバイルのNX、デュアルディスプレイのDXの3モデル。

オンキヨーはソーテックを合併しPC市場に本格参入した。今回の3モデルは、そのソーテックから派生したとも言える工人舎と協業した製品となる。
オンキヨーならではの機能は今回のモデルでは搭載していないが、HDD容量などを強化しており、全く同じモデルとはなっていない。
今後、毎月のように新モデルが登場するとのことで、オンキヨーならではの製品の登場も期待したいところだ。

今回の新カテゴリ製品は、通常のノートパソコンよりも軽量ながら、ネットブックのような代わり映えの市内製品ではなく、特徴のある軽量な製品やデュアルディスプレイにより、新たな仕様スタイルを提案する。
オンキヨーではこれを「パーソナルモバイル」として、市場全体の拡大などもにらむ。


http://www.youtube.com/watch?v=39pjANFuDuk

BX407
タッチパネル対応の4.8型液晶を採用し、370g、7時間駆動。
Bluetooth、Windows XPを搭載し、64,800円


http://www.youtube.com/watch?v=tSAn38rxkxc


http://www.youtube.com/watch?v=s2Za5GeA2Ko
NX707
720gの重量で、7型ワイド液晶のコンバーチブル型タブレットとしても使用可能。
GPS機能も内蔵してナビ機能などもあり。59,800円。

DX1007
10.1型ワイド液晶を2面搭載するデュアル液晶モデル。液晶は、通常のノートパソコン風に1面で使用、横に2面並べて使用、タブレットPCのように回転させて使用と大きく分けて3つの形態で設定できる。
84,800円。

個性的な高付加価値製品パーソナルモバイル「ONKYO」ブランドにて3 シリーズを展開