Appleは2013年6月11日、サンフランシスコで開催している開発者会議のWWDC 13において、MacBook Airのアップデート版を発表した。
インテルの第4世代Core iプロセッサーを採用し、バッテリー駆動時間を大幅に向上させ、Flashの速度も向上、無線LANはIEEE802.11acに対応させるなど、性能を向上させた製品。
筐体のデザインは従来と同様。

バッテリ駆動時間は11インチ版が5時間から9時間へ、13インチ版が7時間から12時間へと大幅に増加している。

価格は
11インチ版はSSDの違いで128GBが$999、256GB版が$1,199になる。
13インチ版は128GB版が$1,099、256GBは1,299になる。

11インチ版は標準モデルのSSDがそれぞれ倍増され、価格は据え置きか若干高価に。
13インチ版はSSDの容量はそのままで、$100安くなった。

液晶画面のRetina化は見送られたようだ。

MacBook Air
June 11, 2013, at WWDC 13 of the developer conference that is held in San Francisco, Apple has announced an updated version of the MacBook Air.
Intel 4th gen Core i processors improves battery life, speed of Flash also improved, Wireless LAN IEEE802.11ac , products with improved performance.
Design of the housing is same to the conventional.

Battery life has increased significantly 11 inch version 5 hours to 9 hours. 13 inch version to 7 hours to 12 hours.

Price
11 inch, 128GB $999, 256 GB $1,199.
13 inch, 128GB $ 1,099, 256GB $1,299.

SSD of the standard model is doubled each 11 inches version, the price expensive or slightly deferred.
Capacity of the SSD out of the box, 13 in. version was $ 100 cheaper.

Retina of the LCD screen seems to have been shelved.

MacBook Air