VAIO株式会社がVAIO Zの発表会を開催

ソニーから分社化したVAIO株式会社が2015年2月16日、最新製品のVAIO Zを公表する発表会を開催した。
VAIO Fit風のフリップタイプ液晶を採用した、2-in-1製品のVAIO Zの受注は2月16日に始まった。この発表会で、2014年秋頃から公開していたPrototypeは、VAIO Z Canvasという製品で2015年5月発売予定である事が公表された。

全編を一括視聴する場合のプレイリスト

VAIO 新製品発表に合わせて「VAIO meeting 2015」を開催

VAIO株式会社は2015年2月16日に新製品を発表する。
これに合わせて、VAIOファン向けのイベント「VAIO meeting 2015」を開催する。

ここで発表される製品が、2014年に公表したプロトタイプタブレットの製品版なのか、スマートフォンなのか、それとも全く新しい新製品なのかはわからない。
しかし、VAIOファンにとって、注目の新製品を実際に触って関係者から直接話を聞ける貴重な場所になりそうだ。

VAIO meeting 2015

応募締切 1月31日
開催日時 2015年2月16日(月) 午後7時から
場所 東京都渋谷近郊

応募多数の場合は抽選となる

VAIOブランドのスマートフォンを2015年1月にも投入か?

VAIO株式会社と日本通信株式会社が協業し、VAIOブランドのスマートフォンを2015年1月にも投入することを2014年12月25日に発表した。

両社は「モバイルネットワークを使ったコンピューティングの在り方を追求し新たな市場を創出する」協業の姿を思い描きその結実した姿の1つとして、2015年1月にもVAIOブランドのスマートフォンを日本市場に投入するプロジェクトを進めている。

とのことで、具体的な製品については、製品発売を決定した段階で正式に案内するとしている。

VAIO
日本通信 プレスリリース

VAIO Prototype Tablet PC関連の日本国内イベント

VAIO株式会社が開発中のVAIO Prototype Tabletは2014年10月にアメリカで開催されたAdobe MAXで公開されたが、日本でも公開される。

11月2日のソニーストア大阪に続いて、11月8日に東京で行われるCREATE NOW “Best of MAX”、11月22日にソニーストア名古屋で公開される。

ソニーストアではイベントでの公開で予約制になっている。

VAIO Prototype Tablet PCイベント

VAIO Prototypeとは何なのか

VAIOがAdobe MAXで2014年10月8日から一般に公開するVAIOのPrototypeタブレットはどのような製品なのだろうか。
一見すると2013年にリリースしたソニー時代のVAIO Tap 11に似ているが、中身はVAIO Zのようなハイエンド指向の製品となっているようだ。

ノートパソコンとしては最上位となるクアッドコアのCore Hプロセッサーを搭載。GPUはCore H内蔵のIris Pro。
画面サイズは12.3型で解像度は2560×1704 250ppi。Adobe RGBカバー率95%以上。
各種ポートに加えて、LANは1000BASE-Tに対応、UHS-II対応のSDXCカードスロットを搭載する。

筐体サイズは公開されていないが、厚みはこのスペックとしては非常に薄いが、最軽量や最薄のタブレットを目指しているわけでは無いようだ。

現行のCore Hプロセッサーを搭載した製品が出てくるのか、14nm版を搭載するのかも公開されていないが、薄さを考えると2015年にリリースされると言われている14nm版が搭載される可能性が高い。
仮に2015年3月までにリリースされるなら、そうならないこともあり得る。