Feb 162012
 

Appleは2012年2月16日、Mac用OSのメジャーアップデートOS X Mountain Lion(オーエス・エックス・マウンテン・ライオン)の情報を公開(Sneek Peek)した。
OS Xの9回目のメジャーアップデートとなるMountain Lion(日本名ピューマやクーガなどのネコ科の動物から)のバージョン番号は10.8になると予想される。
Mac Developer Programメンバーには同日から公開、2012年夏の終わりにMac App StoreからMountaion Lionにアップデートできる。

大まかなアップデート点として、iOSの通知機能やGame Center、各種メッセージ機能を取り込み、スマートフォンなどのよい機能をPCに融合させたようなOSと認識するとよい。
また、セキュリティ関連ではGatekeeperという機能が追加され、ソフトウェアのインストールを監視するなどする。
iOSで画面をApple TV経由でテレビに表示するAirPlay Mirroringにも対応する。
中国語圏に関する機能強化も目立つ点で、文字の入力から各種Webサービスなどへの対応も強化され巨大化する市場に力を入れている点も注目だ。

また、OSとして基本的な部分のAPIなどシステムレベルでの機能強化、セキュリティ強化もなされている。

一足先に一般ユーザーが試せる機能として、iChatの後継となるMessagesがある。
ベータ版だが、iOSのiMessageやAIM、Jabber、Yahoo!メッセンジャー、Google トークもサポートする新しいインスタントメッセージングソフトとなる。

OS X Mountain Lion

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.