Apr 262012
 

iPhone、iPad、Macの販売台数が1-3月期で過去最高に
純利益は前年同期比 94% 増

アップルは2012年4月24日、2012年1月から3月(2012年度第2四半期)の業績を発表した。
当四半期の売上高は392億ドル、純利益は116億ドル、希薄化後の1株当り利益は12.30ドルとなった。前年同期は、売上高が247億ドル、純利益が60億ドル、希薄化後の1株当り利益が6.40ドルだったので、売上総利益率は、前年同期の41.4%に対し47.4%となった。当四半期の米国市場以外の売上比率は64%。

1月から3月の製品販売数と前年同期比は
iPhone 35,100,000台 88%増
iPad 11,800,000台 151%増
Mac 4,000,000台 7%増
iPod 7,700,000台 15%減

アップルのティム・クックCEOは「1-3月期は3,500万台を超えるiPhoneと1,200万台近くのiPadを販売し、とても嬉しく思います。新型iPadは幸先の良いスタートを切り、年間を通じてAppleだからこそ提供できるようなイノベ-ションをさらに多くにお見せできることと思います。」と、述べている。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.