May 142014
 

レノボは2014年5月14日、自社のレノボ・スマートセンター内に置いていたAndroidタブレットのサービス・修理窓口を、NECパーソナルコンピュータ内に移管することを発表した。

2014年5月以降に発表するレノボのAndroid OS搭載タブレットはNECパーソナルコンピュータ群馬事業所内に新設する「レノボ・サポート タブレット窓口」で対応する。

サービス窓口をNECが担当することで、修理品質の向上や納期改善を目指す。

レノボ
NECパーソナルコンピュータ

May 082014
 

パナソニックは2014年5月8日、Let’snoteの2014年夏モデルを発表した。
各モデルのアップデートと、Let’snote MX3の光学ドライブのバリエーション追加などが主なポイント。

店頭向けには、
光学ドライブ搭載12.1型液晶のLe’tsnote SX3、2-in-1で12.5型液晶のLet’snote MX3、14型液晶のLet’snote LX3を展開。
MX3ではBlu-rayモデル、ドライブレスモデルを追加。

法人向けには、
光学ドライブ搭載12.1型液晶のLe’tsnote SX3、2-in-1で12.5型液晶のLet’snote MX3、14型液晶のLet’snote LX3に加えて、光学ドライブ非搭載のLet’snote NX3を展開。

オンラインストアのパナソニックストアではパナソニックストアモデルとして、
MX3シリーズにBlu-rayドライブ搭載モデルや、SSD 512GBモデル、LTE搭載モデル、ジェットブラックモデルなどを展開。

機能面ではCPUをCore i5-4310U vPro (2.00 GHz)にするなど、基本機能を強化。OSはWindows 8.1 Updateを搭載する。

モバイルノートパソコン Let’snote 法人向け夏モデルを発売
モバイルノートパソコン Let’snote 店頭向け夏モデル
モバイルノートパソコン Let’snote パナソニック ストア夏モデルを発売

May 072014
 

IntelとGoogleは、HaswellやBay Trail-M対応のChromebookなどを多数発表した。
従来のChromebookは低パフォーマンスのCPUが中心だったが、Core i3を搭載したパフォーマンスの高い製品、Bay Trail-M搭載のバッテリー駆動時間の長い製品などが多数登場する。また、フォームファクターも従来のクラムシェル型以外からも多数登場する。

Bay Trail-MのCeleronブランドを採用しバッテリー駆動時間が11時間の製品がAcer、ASUS、Lenovo、Toshibaから登場。
AcerとDellから、第4世代CoreプロセッサーファミリーのCore i3搭載製品が登場。
これらの製品は秋から年末にかけて販売され、250ドル程度からとなっている。

クラムシェル以外のフォームファクターでは、ディスプレイに接続すHP Chromeboxやディスプレイ一体型のLG Chromebaseなどは5月から6月にかけて販売開始される。
また、LenovoはYOGAヒンジを採用した製品もリリースする。

New Chromebooks: in more shapes, sizes and colors Google
Intel Architecture Fuels New Wave of Chrome Devices Intel

May 022014
 

ソニーと日本産業パートナーズ(JIP)は、PC事業をVAIO株式会社として7月1日から事業開始する予定である事を2014年5月2日発表した。

2月に発表されたソニーと、日本産業パートナーズのPC事業譲渡について正式契約が集結した事による発表。

事業開始日 2014年7月1日を目処
VAIO株式会社 (英語名: VAIO Corporation)
長野県安曇野市豊科5432
資本金10億円 (出資比率JIP 95%、ソニー5%)
代表取締役社長 関取高行
従業員数 約240名

PC事業の譲渡に関する正式契約の締結について

May 022014
 

sony fi 20134q

ソニーは2014年5月1日、2013年度(2013年4月から2014年3月まで)の業績見通しを下方修正した。
従来1,100億円の連結赤字だったが、200億円増え1,300億円となる。

これは、PC事業の撤退を2月に発表した後、販売が想定を下回り、構造改革費用を前倒しで計上したことなどで300億円増えた事などによる。

2013年度の決算は2014年5月14日に発表される。

ソニーによるリリース