May 072009
 

富士通、ウィルコムなどは2009年5月7日、ノートPCの紛失・盗難対策ソリューションを発表した。
ウィルコムのモジュールを内蔵し、盗難などにあった際に、遠隔操作によりHDDを無効化する物。

ウィルコムの専用モジュールをノートパソコンに内蔵し、専用BIOSなどを搭載したモデルの発売を2009年秋頃予定している。

富士通 リモート消去の通信モジュール

対応製品には、暗号化HDDが搭載され、管理者が遠隔地から消去などの命令を出すと、電源オフの状態でも強制的にHDD内の暗号鍵を消去することが出来る。
暗号鍵を消去することで、データのアクセスやOSの起動も不可能にする。
暗号鍵の消去が終わると、ノートパソコン本体とHDDのID、最終ログイン時刻の情報が管理者に送られる。

HDDの暗号鍵消去だけではなく、PCのロックも遠隔地から行えるため、PC自体使用不可能になる。

通信モジュールは、このセキュリティ対策のためにしか使用できず、Windowsからモジュールを認識することは出来ない。
ウィルコムの電波が届かない場合は、使えないようにすることも出来る。

また、電源をつながず、バッテリーを取り外すとこの機能は意味をなさないが、何らかの形で使用する際、電源を入れるため、このタイミングで暗号鍵を消去することも出来る。
HDDをフォーマットするわけではないので、ディスクに磁気データは記録されるが、暗号化を解除するのは事実上不可能。

通信モジュールを取り外した場合、PCは使用できない。BIOSの書き換えも不可能に設計されている。

富士通

関連記事:

    None Found

 Posted by on 2009年5月7日 at 5:01 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.