Oct 112012
 

調査会社のガートナーは2012年10月11日、2012年7月から9月期のPC市場シェアについて発表した。
2011年と比べWindows 8の影響で台数ベースで8%の減少し、トップがHPからLenovoになった。

2011年の7月から9月期(第3四半期)の世界出荷台数は95,440,301台だったが、2012年は87,504,080台になり8%減少した。
2011年はHPが17%でトップだったが、2012年はLenovoが15.7%、HPが15%になった。また他社が台数を減らしているところトップ5社のうちLenovoとASUSだけは台数もシェアも伸ばしている。

米国だけを見ると、15,317,537台で2011年と比べると13.8%の減少。

世界的には成長が続いているAppleは2011年は2,213,826台で12.5%から2,078,900台で13.6%とシェアは伸ばしているが台数は減少した。

日本市場は370万台の出荷で5.4%減少。

Gartner Says Worldwide PC Shipments Declined 8 Percent in Third Quarter of 2012 as the Market Prepares for the Launch of Windows 8

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.