May 022014
 

マイクロソフトは2014年5月1日、Internet Explorerの脆弱性問題に関するセキュリティ情報 MS14-021を定例外で公開した。
今回はWindows XPのサポートは終了しているが、影響が大きいことからWindows XP用の更新プログラムも特例で配信されている。

日本語による公式情報
セキュリティ情報 MS14-021

セキュリティ アドバイザリ (2963983) の脆弱性を解決する MS14-021 (Internet Explorer) を定例外で公開

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2963983 Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される

[FAQ まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される
[回避策まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.