Windows版TruNoteがアップデート OneDriveとの同期に対応

東芝が、2015年12月に発売するdynaPad N72の発売に合わせ、ペン入力メモアプリ「TruNote」のバージョンアップ版の提供も2015年12月17日頃から開始した。
今回提供されたのはv3.1.24.0。

今回のアップデートは、dynaPad N72の発売に合わせ、Truシリーズのアップデートも予定されていたが、Windows版TruNoteがプリインストールされていた従来向け機種用となる。

今回のアップデートでOneDriveとの同期が出来るようになり、デバイス間でTruNoteでメモした内容を共有できるようになる。

iOS用のTruNoteも提供される予定だが、2015年12月17日現在提供されていない。

東芝のdynaPad発表イベントのビデオ一覧

東芝が12インチ液晶を搭載し569gを実現した2-in-1製品dynaPadを発表しました。
高精度なペン入力に対応し、紙のノートに書く感覚で情報を整理し、デジタルならではの活用が出来る製品です。

発表イベントのビデオをまとめました。

iPad ProとMacBookのコスト比較

アップルがiPad史上最大の新モデルiPad Proを発表しました。
ペンに対応し、カバー兼キーボードも登場しました。

こうなると、iPadが普通のパソコンと同等になります。
価格を比較してみると、iPad Pro 128GB Wi-Fi+Cellularモデルが1079ドルで、ペンは99ドル、キーボード付きカバーが169ドルです。
合計で、1347ドルになります。

比較対象のパソコンはアップルのMacBookとしてみましょう。
MacBookの256GBモデルは1299ドル、512GBモデルは1599ドルです。iPad Proのフルセット1347ドルはパソコンと同等ということになります。

気になるのが日本での価格でしょうか。
2015年9月現在、iPadの日本での価格は1ドル100円から115円くらいで設定されているようです。
iPad Proの価格をどうするかはわかりませんが、1ドル110円なら合計15万円くらいになります。1ドル120円なら16万円くらいです。

参考
MacBook
256GB PCIeベースオンボードフラッシュストレージ
1.1GHzデュアルコア
¥148,800 (税別)
$1,299.00

512GB PCIeベースオンボードフラッシュストレージ
1.2GHzデュアルコア
¥184,800 (税別)
$1,599.00

iPad mini 4
Wi-Fi 16GB 42,800円 $399
Wi-Fi + Cellular 128GB 72,800円 $729

iPad Pro
Wi-Fi 32GB $799
Wi-Fi 128GB $949
Wi-Fi + Cellular 128GB $1079

AcerがNext@Acerイベントを開催

Acerはプレス向けのグローバルイベントをニューヨークで開催し、同社の今後のビジネス展開や新製品を紹介した。

この模様はYouTubeの動画で公開されている。

https://www.youtube.com/watch?v=dYCaEs2UBgI

http://www.acer.com/nextatacer/landing.html

今回発表された主な製品
Aspire Switch 11 V
Aspire R 11
Aspire Switch 10 E
Iconia One 8
Aspire E Series
Aspire ES Series
Revo One
Chromebook 15 (C910)
Iconia Tab 10 (A3-A30)

VAIO株式会社がVAIO Zの発表会を開催

ソニーから分社化したVAIO株式会社が2015年2月16日、最新製品のVAIO Zを公表する発表会を開催した。
VAIO Fit風のフリップタイプ液晶を採用した、2-in-1製品のVAIO Zの受注は2月16日に始まった。この発表会で、2014年秋頃から公開していたPrototypeは、VAIO Z Canvasという製品で2015年5月発売予定である事が公表された。

全編を一括視聴する場合のプレイリスト