Oct 232009
 

日本エイサーは2009年10月23日、ポストネットブックのカテゴリとしてLight Noteカテゴリを新設した。
ネットブックよりも少し上の製品群としての名称で、日本エイサーが国内用に新設した用語となる。

Light Noteという名称は、Aspire Timeline AS1410などの、11.6型液晶から13.3型液晶搭載製品に使われる物で、この名称を使い販売促進活動を行い、2011年度の日本国内PCシェア5位以内を目指すとのこと。
国内シェア5位というのは、現在の状況で10%程度の販売数量となり、年間150万台ほどになるが、Windows 7に合わせた製品の価格設定などをみると、NEC、富士通、東芝、DELL、HPなどに追いつくのも時間の問題だろう。

今回Light Noteと名付けたカテゴリは、国内メーカーからもWindows 7に合わせて新しくラインナップに加わった。ネットブックより少し大きい液晶、スペックも高く6万円から8万円程度の製品で、ノートパソコンとネットブックの中間となる製品群。

この製品カテゴリはCULVというわかりにくいインテルの内部用語が広まっていたが、インテル自身がモバイル・サブノートPCという名称を8月に提唱。
東芝はdynabook MXに合わせて、ネットノートという独自の名称を使い始め、他社の利用も歓迎しているようだが、日本エイサーは独自にLight Noteというカテゴリ名を新設。こちらも他社の利用を歓迎している。

このカテゴリの製品は通常のノートパソコンほどの機能はないが、ネットブックに不満の方にはおすすめのカテゴリ。
どの名称が普及するのか、ここにはない名称か、そもそもそんな名称は必要とされていないかどうなるかはわからない。個人的にはネットブックがある程度普及したので、「ネットブックより少し上」が一番わかりやすいと思うがどうだろうか。

カテゴリ NetBook (ネットブック) Light Note (ライトノート) NoteBook (ノートブック)
代表機種 Aspire one : AOD250 Aspire Timeline :AS1410シリーズ
Aspire Timeline :AS3810Tシリーズ
Aspire GemStone Blue:AS8935G
Aspire:AS5536
特長 ・持ち運び便利なサイズや薄さ、重さ
・インターネットやメール使用に特化しており、必要最低限のスペック
・コストパフォーマンスとモバイル性能の両立
・ポスト・ネットブック
・コンシューマーモデルであり、通常のビジネスで利用する程度のタスク(資料作成)であればストレスなくこなせる程度のスペックが求められる。
・低電圧でバッテリー駆動時間が長くモバイル性能に長けている。
・マルチメディアPC
・グラフィック/サウンドにも妥協しないAV クオリティ
・ビジネス用途よりもエンターテインメントツール
としての高いスペックが求められる。
ユーザー・ペルソナ ・外出先で使用することもあるが、主に自宅で利用
・主な用途はメールチェックやインターネット検索
・コミュニケーションツールのメインは携帯電話
・ビジネス用途ととして持ち歩く
・個人用のメインPCとしても使用できる
・NetBookでは満足できないが、ビジネス用/個人用のNoteBook PCは高くて手が出せない
・パソコンをエンターテインメントツールとしても使いこなす
・HD再生や動画編集、ゲーム等、幅広くパソコンを使用したい
ディスプレイサイズ ?11.6型以下 11.6型以上?13.3型以下 14.0型以上?
平均価格帯 ?50,000円未満 50,000円以上?90,000円未満 60,000円以上?
重量 1.3kg未満 2.0kg未満 重量は問わない
OS Windows XP
Windows 7 Starter
Windows Vista Home Premium
Windows 7 Home Premium
Windows Vista Home Premium
Windows 7 Home Premium
CPU Atom Core 2 Duo
Core 2 Solo
Celeron
Core 2 Quad
Core 2 Duo
Athlon 64 X2

AcerのLight Noteカテゴリ区分

Acer

Jul 092009
 

Googleは2009年7月7日、ネットブックなどの低価格パソコン用にOSを提供することを発表した。
Google Chrome OSでWebブラウザのChromeに特化するようなOSになるようだ。

小型端末用にはAndroidがあるが、これとは異なり、あくまでもネットブックなどのパソコン用のOSとしてオープンソースで提供される。
x86とARMにも対応するとしていることから、今年末くらいには登場するだろう2から3万円程度のネットブックよりも安く機能も低いパソコン(風の製品)などもターゲットにしていることがわかる。

2010年後半に登場予定。

小型製品用のOSは、Windows系、UbuntuなどのLinux系など様々な物がある。ネットブックが普及したのはWindowsを低価格で提供したこともあるが、無料だからといってそれほど普及刷るわけではないのが現状だ。
GoogleはAndroidで携帯端末用OSへ順調に参入しているが、PC用のOSで同じように成功するかどうかは未知数。
少なくとも、Windowsのスターターエディションの戦略には影響を与えるだろう。

Introducing the Google Chrome OS
Google Chrome OS – FAQ

 Posted by on 2009年7月9日 at 11:44 AM
Jul 092009
 

日本HPは2009年7月8日、同社の直販事業「HP Directplus」開業10周年を記念し、PC、プリンターなどのキャンペーンを実施する。

16型ノートとSHARPのプラズマクラスターイオン発生機のセットが49,980円からなど
法人向けのHP Compaq 2230s/CT、HP ProBook 4510s/CTも台数限定提供など

HP Directplus10周年記念サイト

HPダイレクトプラス10周年記念キャンペーンを展開

 Posted by on 2009年7月9日 at 11:24 AM
Jul 092009
 

NECは2009年7月2日、データ保護・漏洩対策サービスを開始する。
月額料金制で、データをネットに自動的にバックアップする「オンライン自動バックアップ」など5つのサービスが用意される。
また、他社製品も含む使い方相談の「NEC PCプレミアム」に会員専用窓口を設置サポートのつながりやすさを向上する。

オンライン自動バックアップ
パソコン内のデータをネット上に自動縛アップするサービス。月額525円、容量制限なし。

データ復旧サービス
オンライン自動バックアップのオプションで、バックアップされていないデータが破損した場合に復旧サービスを利用可能。月額105円。

遠隔データ書挙サービス
盗難・紛失したパソコンに保存されているデータを遠隔消去するサービス。

マカフィー・サイトアドバイザプラス
マカフィー・セキュリティスイート

これらをセットにするなどした945円のサービスも月額料金制で提供する。

http://121ware.com/support/monthly/safety/

また、「トラブル・故障診断ナビ」(Webサポート)も強化する。

パソコンライフをより安心・快適にするサポートサービスを強化

 Posted by on 2009年7月9日 at 10:26 AM
Jun 262009
 

マイクロソフトは2009年6月26日、Windows 7の価格やアップグレード施策を発表した。
パッケージ版はWindows 7 Home Premiumで24,800円(参考価格)で、Vistaの同等エディションと比較した場合、4,000円から5,000円程度安くなっている。

Windows 7 Upgrade

発売日は7月7日に発表する予定で、インストールに関する詳細など、細かい部分はまだ決まっていないようだ。
取材した内容によれば、Vistaからのアップグレードインストールの場合、Vista 32bit版がインストールされている場合、Windows 7も32bit版がインストールされるとのこと。
Windows 7で64bitに移行したい場合などは要注意。

オンライン限定だが、6月26日より10日間限定のHome Premiumアップグレード版を7,777円で予約するキャンペーンなども行われている。こちらは数量限定だが、10月頃の発売までに他にもいくつかのキャンペーンが行われる可能性もあるので、あまりあわてて行動しない方がいいかもしれない。

Windows 7 Upgrade

パッケージ製品の価格
エディション アップグレード版 通常版
Windows 7 Ultimate 26,800円 38,800円
Windows 7 Professional 25,800円 37,800円
Windows 7 Home Premium 15,800円 24,800円

6月26日以降にWindows Vistaプリインストールモデルを購入した場合、7へのアップグレードが3000円程度で可能だが、価格については各メーカーによって異なる。
Vistaがプリインストールされた大抵のモデルではアップグレードパスが用意されているが、XPがプリインストールされているネットブックなどは基本的に対象外。

通常パッケージ版の価格は事実上25,000円程度から。
Mac OS X、Ubuntu、Moblin、AndroidなどWindowsに競合するOSが多数ある状況で、2万円を超えるOSの価格は高いと感じる方も多いだろう。

日本では夏のボーナス商戦が本格的に始まる直前の発表で、新規購入の買い控えにはならないとは思われる。Vistaはいまいち盛り上がらなかったが、OSの出来はともかく、XPやVistaからWindows 7へ移行しようという方がどの程度いるかはまだわからない。

その他画像

Microsoft

 Posted by on 2009年6月26日 at 11:17 PM