Googleは2009年7月7日、ネットブックなどの低価格パソコン用にOSを提供することを発表した。
Google Chrome OSでWebブラウザのChromeに特化するようなOSになるようだ。

小型端末用にはAndroidがあるが、これとは異なり、あくまでもネットブックなどのパソコン用のOSとしてオープンソースで提供される。
x86とARMにも対応するとしていることから、今年末くらいには登場するだろう2から3万円程度のネットブックよりも安く機能も低いパソコン(風の製品)などもターゲットにしていることがわかる。

2010年後半に登場予定。

小型製品用のOSは、Windows系、UbuntuなどのLinux系など様々な物がある。ネットブックが普及したのはWindowsを低価格で提供したこともあるが、無料だからといってそれほど普及刷るわけではないのが現状だ。
GoogleはAndroidで携帯端末用OSへ順調に参入しているが、PC用のOSで同じように成功するかどうかは未知数。
少なくとも、Windowsのスターターエディションの戦略には影響を与えるだろう。

Introducing the Google Chrome OS
Google Chrome OS – FAQ

Comments are closed.