May 102011
 

日本マイクロソフトは2011年5月10日、Windows搭載PCの消費電力検証結果を公開および節電設定を提案した。
財団法人電力中央研究所の協力のもと、消費電力検証を実施し、検証結果と節電効果を発表した。
また、この検証結果をもとに、Windowsにおいて節電設定を一括で設定する「Windows PC自動節電プログラム」の提供を始め、一般ユーザー向け無償電話サポート窓口を開設した。

マイクロソフトによる検証結果

  • 最新のPCは、5年前に発売されたPCに比べて平均約53%の節電効果があり、また、ノートPCはデスクトップPCに比べて平均約66%の節電効果がある
  • PCの電力量はOS起動時に多く消費しており、OS起動時はスリープ状態からの復帰時に比べて3倍以上の電力量を消費している
  • 電源OFF時の待機電力とスリープOFF時の待機電力との間には約0.5Wの差しかない。したがって、Windows XPデスクトップの場合1時間45分以内にPCを再度使用する場合は、スリープ(Windows XPではスタンバイ)が推奨される
  • PC利用時の最も有効な節電策はディスプレイの輝度調整である。画面の明るさを100%から40%に変更することで平均23%の電力削減が可能である
  • 上記の結果からWindows PCの利用において、スリープもしくはスタンバイの有効活用と利用時のディスプレイ輝度調節による節電効果が高いといえる
  • ある一定の利用シナリオで90分利用した場合 一台あたりの平均節電効果は約30%

この検証結果からわかるのは、シャットダウンし、起動(コールドブート)するのは効率が悪く、スリープが推奨されるという点。ノートパソコンなら、スリープ時にACアダプタをコンセントから外すなどすればさらに節電効果が高くなる。
また、最近のノートパソコンは輝度の高い液晶を搭載している機種も多いため、画面の明るさを変更するのもある程度の電力削減効果がある。効果があまりない機種もある。
また、さらにノートパソコンの場合は、バッテリ駆動用の電源プロファイルに移行したり、ThinkPadや一部dynabookに搭載されているピークシフト機能を使う事でさらに効果が高くなる。

Windows PC自動節電プログラム

電話サポート:節電設定無償電話サポート (対象は個人ユーザー)
電話番号: 0120-37-0196 (自動音声に従い6#)
サポート受付内容:「Windows PC自動節電プログラム」のインストール方法、設定の復元方法、OSから設定可能な項目に関する一般的な質問
対応時間:月曜日~金曜日、9:30~12:00 / 13:00~19:00 (土日祝日及び指定休業日を除く)
窓口開設期間:2011年5月10日(火)~2011年8月10日(水)

Windows(R) 搭載PCの消費電力検証結果を公開および節電設定を提案

Apr 092011
 

東芝のノートパソコンの一部(ビジネス向けPCやR730シリーズなど)にはピークシフト機能が搭載されている。搭載かどうかは機種によるので、カタログなどを参照のこと。
機能は搭載されてはいるが、HDDから自分でインストールする必要がある。

インストールはWindowsメニューにあるアプリケーションの再インストールを選ぶ。

アプリケーションの再インストール

アプリケーションの再インストール

こここで、ユーティリティを選び、TOSHIBA Peekshift Controlを選ぶ。

TOSHIBA Peekshift Control

TOSHIBA Peeksift Control を選ぶ

その後、インストールを続けていく。

東芝ピークシフトコントロール

東芝ピークシフトコントロール

TOSHIBA Peeksift Control Install

TOSHIBA Peeksift Control インストール画面

東芝ピークシフトコントロール セットアップ

東芝ピークシフトコントロール セットアップ

インストールが終わると、セットアップ画面が表示される。

東芝ピークシフトコントロール 管理画面

東芝ピークシフトコントロール セットアップ

この画面でピークシフト設定を制御可能となる。

東芝 dynabook

Mar 212011
 

あまり知られていないが、LenovoのThinkPadにはピークシフト機能が付いている。
ピークシフト機能とは、ピーク時の電力使用をシフトさせる機能だ。
例えば夏場の午後の電力ピーク時には強制的にバッテリ駆動させ、充電は深夜に行うという設定が可能になる。

2011年3月に東日本で発生した地震と津波の被害により、一部の発電所の稼働が停止し、3月から計画停電が始まっているが、特に2011年夏の電力が足りなくなることが予想されており、この機能が見直されている。

ThinkPad省電力マネージャー

ThinkPad省電力マネージャーの使用

使用するには、ThinkPadの省電力マネージャーを開く。
タスクバーに表示されているバッテリーを左クリックするか、コントロールパネルの電源オプションの左側にも省電力マネージャーにいける。

ここでは各種パワーマネージメント設定が出来るので、電源使用時にも出来る限りの省電力モードで動作するように設定したい。
省電力モードの設定が出来れば、電源スケジュールのタブをクリックする。

ThinkPad 省電力マネージャー 電源スケジュール

電源スケジュールの設定

電源スケジュールは通常、何も作成されていないので、新規に作成する必要がある。
新規をクリックして、電源スケジュールを作成する。

ThinkPad 電源スケジュール 新規設定

ThinkPadの電源スケジュール新規設定

名前を設定した後、処置でピークシフト機能を選ぶ。ここには、「電源プランへの切り替え」や「ディスプレイブライトネスの設定」をするのも省電力には有効だ。ピークシフト機能を設定した後に設定しよう。

ThinkPad電源スケジュールの処置

ピークシフト機能では、家庭で使うなら、特に冬の間は夕方のピーク時に電力不足が深刻になるため、例えば18時頃から20時頃はバッテリー駆動の設定をし、さらに充電も21時頃まで禁止にするとピーク時の電力消費を防げる。

このために実行間隔は毎日、日時は毎日だと曜日が全て選ばれているので、開始を18:00、終了のバッテリー消費の終了を20:00、充電禁止の終了を21:00にする。(バージョン3.4では分表示が1桁となっている)
さらにバッテリーの残量が一定量以下の場合はこの機能を使わない無効設定やこの機能を使う前の通知設定などもあるので適時設定しよう。

日中の18時までの業務で使用し、バッテリ駆動時間が4時間ある機種ならこれとは異なる設定が望ましい。
例えば、14時からバッテリ駆動し、22時以降に充電を開始するなど。

それぞれの環境に適した設定で、ピーク時の電力消費を少しでも抑えよう。

東芝のビジネス向けPCにも東芝ピークシフトコントロールという同様の機能があります。