インテルは2009年4月8日、中国の北京で行われたIDFにおいて、MID向けのCPUAtom Z515および、Z550を発表した。Z550は最高2GHzで動作する。

Atom Z550, 2.0GHz, FSB 533MHz, TDP 2.4W
Atom Z515, 最高1.2GHz, 標準 800MHz, FSB 400MHz, TDP 0.65W

Z550はハイパー・スレッディング・テクノロジーのサポートにより、3ワット未満のプロセッサーの中で最高水準の性能を実現しているという。
Z515はインテル バースト・パフォーマンス・テクノロジー(Intel BPT)を搭載している。これは周波数を可変させるテクノロジーのようだ。

インテル、インテル® Atom™ プロセッサー発表から 1 年、新製品を搭載した次世代端末をデモンストレーション