ASUS Slate

2010年6月1日から始まるComputex TAIPEIに先立つ前日、MSI、NVIDIA、ASUSなどがカンファレンスを開催した。
ここで注目なのは、各メーカーどのような製品を目玉に持ってくるかという点である。

MSIはSlate端末のWind Padや3D技術搭載の製品など各ジャンルの製品を幅広く。
NVIDIAは3Dなどグラフィック技術中心で、Tegraについては軽く触れるのみで具体例もなし。
ASUSはEee PadやEee TabletなどのSlate端末に加えて、ゲーミングPCやサウンドなどにこだわった高品質な製品。

MSI WindPad

2年前ならNetbookが話題の中心で、このおかげでパソコンの価格が一気に下がり、ユーザーの幅も広がったが、さらにその先に来たのがSlate系の端末である。
このジャンルの製品で先行し、発売から約2ヶ月の販売国を限定した上で200万台突破するというiPadがヒットする中、Slate端末が話題の1つである事は間違いない。
しかし、どの製品も開発途中であり、今すぐはもちろん、数ヶ月後に店頭に並んだとしても、iPadの完成度を超える事は難しいと言える。

ASUS Eee Pad OS

例えば、ASUSのTegraを採用するEee Pad EP101TCはOSにWindows Embedded Compact 7(デモ機はBuild 1344 on May 28 2010)を採用。ハードウェア自体も完成されたとは言いがたく、ソフトウェアもまともに動作しない状態だった。
iPadの用なタッチパネル操作を実現しているのは、OS上で動作するファイル名AsusShellというソフトウェアのようで、これ自体に関してはノーコメント。
バッテリ駆動時間の目標は6から10時間ということで、まだまだ開発途上のものだ。
これとは別に、フル機能のWindows、Core 2 Duoを搭載するEee Pad EP121も投入するようだ。これは通常のWindows系ノートパソコンのタブレット版で、キーボードと液晶が外れるようになったものと思えばいい。

Wind PadもWindows系とAndroid系が用意されるようだ。このように、各社Slate端末は模索中の段階で、iPadのライバルがどうなるかというレベルにも来ていないと言える。

問題はハードウェア自体よりも、AppleのiPhone、iPad、Mac OS X、iTunesなどの一連のプラットフォームに対抗する物がどうなるのかという点。
ハードウェアは各社バラバラ、OSはMicrosoftかGoogleなど、OS上で動くインターフェースも各社独自の物。この調子だとAppleのiPadを追い越すどころか、追いつく事も難しいかもしれない。

Computex TAIPEI 2010の画像ASUS Slate

Since June 01, 2010 Computex TAIPEI the beginning, the day before, MSI, NVIDIA, ASUS and held a conference.
Featured here is the major product manufacturers.

The MSI Wind Pad or terminal Slate, 3D Browse a wide range of products and technology with the product.
The NVIDIA 3D graphics technology, such as the heart. About Tegra no examples only lightly touched.
The ASUS, Eee Pad Eee Tablet and other devices in addition to Slate, PC gaming and high-quality products and sound obsessed.

MSI WindPad

Two years ago, Netbook was the center of attention. This makes the price of computers down at once, spread the width of the user. Slate came ahead of a terminal of the system.
The leading products of this genre that reached 200 million units sold in the country for the limited release of almost two months to hit in the iPad, Slate, one thing is certain topic terminals.
However, none of the products are in development now, as well as hit store shelves a few months, iPad perfection than it is difficult to say.

ASUS Eee Pad OS
For example, ASUS’s EP101TC Pad Eee is New Tegra adopted, OS to Windows Embedded Compact 7 (demo machine Build 1344 on May 28, 2010 ) adopted. Hardware itself is incomplete, the state was not working well this software.
iPad has been achieved for the operation of the touch panel, OS running on AsusShell (file name) of the software. This in itself is no comment on the ASUS.
The goal of that battery life is 6 to 10 hours, they are still developing.
Apart from this, full-featured Windows, Core 2 Duo equipped with Eee Pad EP121 also seems to introduce. This is usually a tablet version of Windows based laptop, the keyboard and the LCD is out of the product.

MSI’s Wind Pad seems to be a Windows system and provides system Android. Thus, the terminal stage companies seeking Slate, iPad not come to say what will happen to the level of competition.
The problem is more than the hardware itself, Apple’s iPhone, iPad, Mac OS X, iTunes terms of what will happen against things such as a series of platforms.
Hardware companies apart, OS and for Microsoft or Google, OS interface objects can run on your own company. Way things are going rather than to rival Apple’s iPad may be difficult to catch up.

Computex TAIPEI 2010 Pictures