従来のXPSをより薄型化したのがXPS zシリーズで、2011年5月に発表されたXPS 15zがその第一弾となる。
MacBook Proより薄さでは若干負けているが、同等の薄さ。スペック上はMacBook Proはクアッドコアまで対応するので、その点では負けているがコストパフォーマンスは非常に高い。


XPSと統一感のあるデザインで薄く設計されている。
通常のXPSシリーズのキーボードは日本語か英語か選択可能だが、15zに関しては日本語キーボードしか選べず、今後も日本語キーボードのみの提供となる。


各種インターフェースは左側にあり、裏面には有線LAN、電源ポートがある。ヘッドホンジャックなどは右側。


裏面もシンプルになっており、バッテリも取り外せないが、いくつかのねじを外すことで分解自体は容易にできそうだ。

DELL
XPS z series is thin and the conventional XPS. Was announced in May 2011 XPS 15z as the first step.
MacBook Pro with the same thickness. Although the specifications are associated to quad-Pro MacBook, 15z XPS dual core. However, the cost performance is very high.


XPS and unity of design. Z XPS has been designed thin.


Various interfaces on left side, back wired LAN, there is a power port. And headphone jack is on the right.


The back has become too simple, too Unplug battery. Degraded itself by removing some screws feasible.

DELL