インテルは台湾で行われているComputex 2012に合わせ、2012年6月5日にUltrabookに関するイベントを開催した。
ここで東芝の檜山太郎氏が登壇し、東芝のコンバーチブル型Ultrabookを紹介した。

一般的なノートパソコン風だが、液晶画面を閉じる形では無く、手前にスライドし、タブレット上になるデザインを採用している。
モデル名などもつけられておらず、Convertible Ultrabookとだけ書かれて、詳細は一切公開されていない。
スライドする機構なども気になるところだが、現状では明かせない部分が多いらしく、基本的なことすらわからない。

今後の情報に期待したい。

Intel has been done according to the Computex 2012 in Taiwan, Ultrabook event was held on June 5, 2012.
Taro Hiyama, Toshiba’s here on stage, introduced Convertible Ultrabook. But the general wind notebook, have adopted the design in the form of closing the LCD screen is not, then slide in front, formed on the tablet.
Were not put as well as model name, written only with the Convertible Ultrabook, details are not published at all.
But anxious as well as place a mechanism to slide, often seems not clear at present part, do not know even basic things.

We hope more information in the future.