富士通は2018年2月16日、パソコン生体認証ソフトウェア「FUJITSU Security Solution AuthConductor Client」をグローバル市場向け製品としてオセアニチア地域から販売することを発表した。

パソコン生体認証ソフトウェアの「FUJITSU Security Solution AuthConductor Client (フジツウ セキュリティソリューション オースコンダクター クライアント」をオセアニア地域から販売を開始し、グローバル市場向け製品としても展開する。

富士通の静脈認証

「AuthConductor Client」は、手のひら静脈センサーや指紋センサーを内蔵したノートパソコン・タブレットやUSB接続による外付けセンサーと組み合わせて使用することで、ID・パスワード運用に代わるセキュアーな認証環境を実現する生体認証ソリューション。

生体認証情報登録時には、動画による説明があり、簡単にセットアップ可能。また、「Active Directory」対応で、生体情報でのログイン状況の一元管理が可能になるため、複数のユーザーが1台のパソコンを使う環境でもアクセス履歴の管理も容易となる。

2018年上期中にアジア、北米へも順次展開する予定。

グローバル市場向けパソコン生体認証ソフトウェア「AuthConductor Client」を販売開始