DELLはCES 2019にあわせてアップグレード可能なハイエンドゲーミングモバイルPCのAlienware Area-51mを発表した。
デスクトップ用のCore i7やCore i9、Max-QではないGeForce RTX 2080等を選択可能で、将来のアップグレードにも対応する。

17.3インチ液晶を採用し、サイズは410×402.627.65-42mm、重量は3.87kgの大型ノートパソコン。
ディスプレイは144HzのG-SYNCの選択も可能。
ACアダプターは2台利用し、180W+180Wや180W+330Wなどの組み合わせを選択する形になる。

肝心のCPUやGPUの交換だが、実際にどのような形で交換出来るのかは未定。価格はもちろん、ユーザーが自分でできるようにパーツを販売するのか、別途サポート対応になるのかも公開されていない。

1月21日発売。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください