VAIO 認定整備済PC事業を開始

0
432
VAIO 認定整備済み

VAIOは2023年8月22日、企業のリース済み製品などをVAIOで整備後に、リユースPCとして個人向けに販売する「認定整備済PC事業」を開始する。
VAIOの長野にある安曇野本社で部品交換、動作試験等を実施した高品質なPCをVAIO直営ストアで個人向けに販売する。

販売するのは3世代前までの比較的新しいモデルで、天板、キーボード面、バッテリー、梱包箱等を安曇野本社で交換、整備し、1年保証、購入14日以内の返品対応も提供される。
一般的な中古製品は比較的新しいモデルでも、キーボード面、バッテリーなどのへたりが気になるが、そのあたりも解消された高品質な新品に近い中古製品として提供される。

価格例
VJS142(2020年1月発売モデル)117,800円(税込)
VJS122(2020年1月発売モデル)102,800円(税込)

価格は一般的な中古市場の数割高にはなるが、主要な部品が交換された新品に近い状態のため、モデルによってはかなりお買い得になる場合もある。

2023年度の販売数は月間30から50台で、2025年には法人向けへの販売も視野に入れており、その場合は月間1000台程度になる予定。
取り扱うのは企業からのリースアップ品が中心になるが、今後は個人からの買取も予定している。