東芝は2008年9月26日、2.5型で256GBのSSDを2008年第四四半期より量産出荷する。
ミニノートパソコン向けのフラッシュメモリモジュールも同時期に量産出荷する。
256GBのSSDは多値NANDを使用した物で、独自開発のコントローラーを採用している。
ミニノートパソコン向けのフラッシュメモリモジュールは8、16、32GBが用意される。
多値NANDを採用した業界最大級の256ギガバイトSSDの製品化について