VAIOシリーズ 2009年春モデル

0
683

ソニーは2009年1月6日、VAIOシリーズの2009年春モデルを発表した。
今回変わったモデルは、type A/F/N/C/S/T/Zで、スペックの向上が主となる。
VAIO type A
18.4型のワイド液晶を搭載する大型のノートパソコンで、ビデオや写真の編集に向けた製品。
メモリが4GBに、OSは64bit版のWindows Home Premiumになった。
VAIO type F
16.4型のワイド液晶を搭載し、64bit版のWindows Home Premiumを採用した。
VAIO type N
15.4型ワイド液晶を搭載し、下位モデルのカラーリングにピンクが加わり、上位モデルにBlu-rayドライブを搭載するなどした。
VAIO type C
基本スペックが向上になるなど、スペック面での機能アップがなされた。
VAIO type Z
CPUなどスペックが強化され、64bit版のWindows Vista Home Premiumを採用。
VAIO type T
11.1型のワイド液晶を搭載。メモリ4GB、64bit版 Windows Vista Home Premiumを採用。
VAIO type S
スペックが同じ2種類のカラーリングから選択できるようになった。
いずれのモデルも、オーナーメードでカスタマイズにも対応する。
法人向けモデルも用意されている。
今回のモデルでは、64bit版Windows採用が目立つ。HPもすでに64bit版Windows搭載モデルを販売しており、ハードウェアの向上ではCPUやHDD以外に限界に近くあり、ソフトの対応含め
他社が今後どう対応していくかも気になるところだ。
VAIO
個人向けVAIOパーソナルコンピューター新製品発売のご案内
法人向けVAIOパーソナルコンピューター新製品発売のご案内