NEC携帯電話事業の見直しを発表Announced a review of the NEC mobile phone business

NECは2013年7月31日、NECカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社の携帯電話事業の見直しを発表した。
7月31日付でスマートフォンの新規開発を中止し、現在販売中の機種で生産と販売を終了する。

従来型携帯電話機の開発は継続し、製造拠点の埼玉日本電気株式会社での生産は継続し、社会ソリューション事業で活用する。
タブレット事業は継続する。

NECは携帯電話事業をレノボへの売却などの方向で協議していたようだが、この交渉がまとまらず今回の発表となった。
経営資源は社会ソリューション事業に集中し、従業員は継続事業に従事する物を除き社会ソリューション事業へ再配置する。

NECカシオモバイルコミュニケーションズ社
売上高 約1,400億円(2012年度実績)
出荷台数 約290万台(2012年度実績)
従業員数 約890名(2013年4月現在、単独)
出資比率 NEC70.74%、カシオ計算機20.00%、日立製作所9.26%

携帯電話端末事業の見直しについてJuly 31, 2013, NEC has announced a review of the mobile phone business of NEC CASIO Mobile Communications Corporation.
Discontinue the development of new smart phone in the July 31, to end the production and sales in the models currently on sale.

Development of traditional mobile phone continues. Continued production in Saitama NEC Corporation of manufacturing sites, use of social business solutions.
Tablet business continuity.

NEC seems to have been discussed in the direction of the sale to Lenovo mobile phone business, but it was the announcement this negotiation is not settled.
Management resources to focus on social business solutions, employees to relocate to social business solutions except those engaged in continuing operations.

NEC reviews mobile handset business

関連記事:

投稿者: kamikura

上倉賢(かみくらまさる)